消費税を減税しても生活は楽にならない?そんなわけないだろ!

 

こんにちは。たかです。

今日も、消費税について書いてみたいと思います。

いろんな記事がありますが、政府寄りの記事が多いですね・・・

こんな記事を見ました。

『「コロナで消費減税」は家計をラクにしない3つの根拠』です。

どうしても、消費税を減税したくないんでしょうね。

なので、『消費税を減税したって、楽にならないよ!』って洗脳しようとしているんでしょう。

さて、どんな根拠なんだろうか?

8%への減税では、家計の負担はそれほど下がらない

当たり前の話しです。

この記事を書いた記者は、頭おかしいのか?

そもそも、食品にかかる消費税は8%ですから、消費税を10%⇒8%にしたって、ほとんど効果はありません。

消費税を減税するのであれば、0%にすればいいいわけです。

たとえば、月に生活費が30万円かかっていたとします。

そのうち、家賃が10万円だとすれば、残りの20万円には消費税がかかっていると思います。

家賃には、消費税はかかりませんよね。

仮に、消費税が0%になれば、月に2万円ほど減税効果があるわけです。

年間では、24万円です。

こうなれば、かなり生活は楽になりませんかね?

消費税の減税は高所得者に有利

『消費税を減税しても、僕みたいな低所得者には、効果はないよ!』って言いたいみたいです。

これも、先ほどと同じ理論なんです。

僕みたいな貧乏人は、生活費のほとんどが食費になります。

なので、『仮に、消費税を10%から8%にしても、ほとんど変わらないよ!』ってことのようです。

反対に、『お金持ちは、旅行や外食、高価な買い物をするので、こういった人の方が、減税の恩恵を受ける』と言っているんです。

別に、お金持ちより恩恵を受けたいとは思っていません。

そもそも、消費税を8%にするという考えが間違っています。

消費税を0%にすれば、僕みたいな貧乏人だって、減税の恩恵を受けることが出来るわけです。

消費税の変更にはコストがかかる

これは、何を言っているか分かりません・・・

コストがかかることと、国民の生活が楽になることとは、関係ありませんからね。

『コストがかかるから、消費税を下げない!』っていうのは、ちょっと、理解できないですね。

消費税ではなく、社会保障費を下げる?

この記者の方は、『消費税よりも社会保障費の自己負担を下げたらどうか?』と言われています。

たとえば、病院の自己負担金などのことです。

僕は、100%否定はしませんが、大事なことが抜けているように思います。

それは、経済の活性化です。

仮に、社会保障費の自己負担金を下げたとして、経済は活性化するんでしょうか?

今、日本はデフレになっていて、コロナの影響で、さらに苦しくなっているんです。

このまま行けば、中小零細企業は倒産します。

すると、供給能力が落ちてしまうんです。

仮に、コロナが落ち着いて消費が戻ってきても、供給能力が失われていたら、どうしようもありません。

だから、今は国内の消費を出来る限り保って、倒産させないようにしないといけないと思います。

お給料は減っているのに、物価だけ上がっている。

そうなったら、さらに、生活は苦しくなってしまいますよね。

最後に

コロナ終息後に、V字回復をするには、供給能力を残しておくことだと思います。

『潰れる会社は、潰れればいい!』なんてことを言ている国会議員さんもいるみたいですが・・・

多くの会社が倒産すれば、日本はV字回復するのに、時間がかかるんじゃないかと思います。

日本は、起業する人が少ないですからね。

ここが、アメリカなんかと違うとところだと思います。

だから、大事にしておいたほうがいいと思うんですね。

これから、国をどう立て直すか?

今までに、経験したことないくらいの経済的ダメージを受けています。

なので、少なくとも、増税なんかは、絶対にやめてほしいですね。

でないと、日本は潰れてしまうんじゃないかと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。