ウクライナとロシアの戦争って、変じゃないですかね?

 

こんにちは。たかです。

ウクライナとロシアの戦争は、終わりそうにありませんね・・・

1日も早く、終わってほしいものです。

ロシアが侵攻して、約1か月が経ちました。

その間、いろいろなことがありました。

特に、ロシアに対する経済制裁は、今までやったことのないくらいキツイものらしいです。

ですが・・・

なにか、変だと思いませんか?

今日は、今回の戦争で、僕が不思議に感じていることについて書いてみたいと思います。

なぜガスを止めなのか?

まず一つ目は、『なぜ、プーチンさんはガスを止めないのか?』ってことです。

ロシアの天然ガスは、EU諸国に提供されています。

そのEU諸国は、ロシアに対して、経済制裁をやったり、ウクライナに武器供与をやったりしているんです。

いわば、EU諸国は、ロシアの敵なんですよね。

なのに、プーチンさんは、EU向けのガスを止めてないんです。

もしかしたら、お金がほしいからかもしれませんが、EUに買ってもらわなくても、他の国で売れば良いわけです。

ロシアの味方をしている国は、たくさんあるわけですからね。

ん・・・

どうしてなんだろうか?

ロシアの株を買っている?

西側諸国は、ロシアに対して、経済制裁を与えています。

おそらく、ロシア経済を弱くしようとしているんでしょう。

その結果、ロシアが戦争をやめると思っているのかもしれません。

あるいは、ロシア経済を破壊して、プーチンさんを失脚させようとしているのかもしれません。

しかし、完全にロシアを経済破綻させようとはしていないと思います。

なぜ、そう思うのか?

それは、ゴールドマンサックスなどが、ロシア企業の株を大量に買っているようなんです。

もし、ロシアがボロボロになるのであれば、株なんて買いませんよね。

だって、紙切れになるかもしれない株を買いますか?

ゴールドマンサックスがロシア株を買うってことは、この先、株が上がるということです。

株が上がるということは、ロシアは破綻しないってことです。

西側諸国は、そこまで激しい経済制裁は、やる気ないってことなんでしょうね。

現に、ロシアのすべての銀行がSWIFTから排除されているわけではありません。

なので、抜け道を、ちゃんと用意しているんですね。

最後に

その他にも、ロシアが発行したドル建て国債の利払いをやっていますよね。

ちゃんと、ドル建てで行われているようです。

あれ?

ドルは使えなくなったんじゃないんですかね。

ん~、僕の理解不足なのかもしれませんが・・・

なんだか、いろいろと裏で取引があるように思えて仕方ありません・・・

この戦争で儲かっているのは、武器屋さんとか石油屋さんですかね。

それに、ロシア株が上がれば、株屋さんもボロ儲けです。

なんだか、こういった人たちがお金もうけするために、戦争をやっているように思えるんですがね・・・

その結果、犠牲になっているのは、一般の国民です。

なんだか、やりきれない思いです・・・

みなさんは、どう思いますか?