老後に月5万円を稼ぐのって、簡単なことかもしれません。その為の準備とは?

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、老後のお金って、準備していますか?

多くの方は、公的年金で生活しようとしていると思います。

しかし、それだけで大丈夫なんでしょうか?

今の高齢者は、夫婦で約20万円くらい、公的年金を受給しているそうです。

まあ、このくらいもらえれば、生活することは可能だと思います。

しかし、これから先は、どうなるか分かりません。

最悪のシナリオでは、今の半分の受給額になっても、おかしくないわけです。

ってことは、夫婦で月10万円しか、もらえないわけです。

これでは、なかなか苦しいですよね・・・

月5万円稼ぐには?

今、僕ら夫婦は、月15万円以内で生活するようにしています。

今のうちから、節約生活に慣れておこうと思っているんです。

もし仮に、公的年金が夫婦で10万円になったら、あと5万円足りません・・・

なんとかして、5万円を稼がなければいけませんよね。

貯金がたっぷりある人は、そんなことしなくていいんですが・・・

では、僕みたいな貧乏人は、どうしたらいいのか?

いちばん簡単な方法は、『労働することでお金を得る』ってことです。

しかし、いつまで働けるか分かりません。

どんなに体が動いても、雇ってくれる場所がなければ、お金を得ることが出来ません。

逆に、体調を崩してしまえば、働くことすら出来ません。

では、どうしたらいいか?

今、僕が考えていることを書いてみます。

お金に出稼ぎに行ってもらう

今、僕が考えている『月5万円を稼ぐ方法』は、こんな感じです。

『インデックス投資で稼いでくる』です。

特に、アメリカのインデックスを使いますので、お金に出稼ぎに行ってもらうような感覚ですね。

アメリカの代表的なインデックスと言えば、『S&P500』や『NASDAQ』になると思います。

これらに連動するETFの10年のリターンを見てみると、おおよそ、こんな感じになっています。

◉S&P500に連動するETFの10年リターン:約15%
◉NASDAQ100に連動するETFの10年リターン:約22%

年間のリターンが15%以上あるって、すごいですよね・・・

これらのファンドに、100万円を投資して、10年間ほったらかしにしたら、どうなるんでしょうか?

なんと・・・

◉S&P500に連動するETF:100万 ➡ 約440万円
◉NASDAQ100に連動するETF:100万円 ➡ 約880万円になります。

すごい金額になりますね・・・

そして、これらを運用しながら40年間で切り崩したとしたら、月にいくら手にすることが出来るか?

◉S&P500に連動するETF:約55,000円
◉NASDAQ100に連動するETF:約160,000円

合わせれば、月に約215,000円を手にすることが出来るんです。

最後に

ってことで、僕は、今、『S&P500に連動する投資信託』と『NASDAQ100に連動する投資信託』に各々180万円ずつ投資しています。

なので、予定では、10年後には、約800万円と約1600万円になっているはずです。

まあ、予定ですがね・・・

こう考えると、月に5万円を手にすることは、案外、簡単だと思いませんか?

100万円をS&P500に連動するETFに投資するだけ。

そして、何もしない。

いや、何もしてはいけない。

逆に言えば、この『何もしない!』ってことが、難しいかもしれませんけど。

55歳から100万円の投資をやって、その後10年間は投資を忘れる。

そして、65歳になったら、投資していたことを思い出し、そこから、切り崩しを始める。

そうすれば、65歳から、公的年金にプラスして、月5万円を得ることが出来るわけです。

もし仮に、株価が暴落しても、100万円以上お金を失うことはありませんからね。

かなり、リスクは低いと思います。

『50歳を過ぎたら、株式投資は危ない!』なんて言われますが、そんなことはないと思います。

老後に、月5万円を得るために準備すること・・・

それは、『S&P500に連動するETF、あるいは投資信託に100万円を投資すること』ですかね。

10年後、20年後の宝くじを買うつもりで、この先も、投資を楽しんでいきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。