年金は65歳からもらわない方がいいらしい。その理由とは?

 

こんにちは。たかです。

今日は、年金から引かれる社会保険料について、いろいろと調べていました。

そしたら、こんな記事を目にしたんです。

『年金は65歳からもらわない方がいい理由3つ』です。

ん?

どういうことか?

60歳からもらった方が良いってことか?

それとも、逆に70歳にした方が良いのか?

ちょっと、興味を持ったので、読んでみました。

さて、『65歳から年金をもらわない方が良い!』という、その理由は?

理由1:60代・70代は若くて元気! まだまだ働ける!

たしかに、60代は、まだまだ元気ですよね。

でも、70代って、元気ですかね?

男性の健康寿命って、75歳です。

女性は、77歳です。

それ以降は、健康ではないってことですよね。

『まだまだ働ける!』って言っていますが、間違いではないと思います。

でも、働き終わったら、もう、健康じゃないんです。

ずっと、時間を仕事に取られてばかりです。

それでいいんですかね?

まあ、働くことが好きな人はそれでもいいですが、僕みたいな人間にとっては、地獄でしかありません。

年金をもらわず、『地獄のような生活をしろ!』って言っているようなものです。

理由2:年金制度が成立しないから

簡単に言えば、こんな感じです。

『65歳から年金を受給すると、年金制度が成り立たない』

『なので、せめて、年金開始を遅らせて、年金をもらう期間を短くするくらいのことは実行したほうがいい』だって。

みなさん、どう思いますか?

『年金制度を成り立たせるために、受給開始を遅くして、早く死ね!』って言っているわけです。

だって、受給開始を遅らせたら、月の受給額は増えるんです。

その上、ずっと生きていたら、もらう総額は多くなります。

年金制度を保つには、『受給開始を遅らせて、早く死ぬ』ってことがポイントです。

それを、やれって言っているんです。

年金制度が大事なのか?

それとも、人が大事なのか?

そこまでして、年金制度を維持したいのかな・・・

理由3:年金を繰り下げると増える!

ちょっと、『理由2』とは、逆のことを言ってるようにも感じますが・・・

年金額が増えれば、年金制度は、破綻するかもしれませんからね。

たしかに、受給開始を遅らせれば、年金額は増えます。

でも、年金からは、社会保険料などが差し引かれます。

当然、年金額が増えれば、差し引かれる社会保険料も増えるわけです。

ってことは、受給開始を遅らせても、手取り額は、そんなに増えないかもしれませんよね。

しかも、早死にするかもしれない・・・

そう考えると、65歳からもらった方が良いと思うんですがね・・・

「自分で稼ぐ力」を身につける本

新品価格
¥1,650から
(2020/3/1 11:09時点)

最後に

みなさんは、何歳から、年金を受給しようと思いますか?

僕らの年代は、おそらく、70歳にならないともらえないんじゃないか?

僕は、そう思っています。

年金制度を維持するためには、受給開始年齢を遅らせるのが、いちばん、簡単で効果的な方法ですよね。

僕が作ったライフプランでは、70歳から年金受給開始にしています。

それまでは、貯金で何とか生きる。

その後は、年金で生きる。

ん・・・大丈夫だろうか?

70歳になっても、お金を稼げる手段を持っておきたいですね。

当然ながら、『雇われない働き方』で稼ぎたいです。

あと20年ありますから、何か見つかるでしょう!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。