70歳まで働くことが出来るようになったそうです。喜んでいてはいけません。

 

こんにちは。たかです。

2021年も4月に入りました。

働いている多くの方は、忙しい1日になるんじゃないでしょうかね。

さて、4月になって、いろいろと変化が起こっています。

まずは、モノの値段が上がっていますよね。

食用油や缶詰なんか、値上がりするそうです。

お給料は上がらないのに、物価だけ上がる・・・

これは、良くないインフレになりそうです。

次に、『70歳までの就業確保措置』が施行されます。

これは、どういったものなのか?

70歳まで働けるようになる!

内容としては、こんな感じみたいです。

・定年を70歳に引き上げる

・定年制を廃止する

・70歳まで継続雇用する制度を導入する などなど

これって、2012年に定年を60歳から65歳に延長する際、示された措置とおなじようなものです。

なので、70歳まで働くことが出来るようになるってことですね。

テレビの報道では、『働けるのでうれしいです!』なんていう方がインタビューされていました。

でも、ホントに、これでいいんですかね・・・

人件費は変わらない

社員を70歳まで雇用するってことは、会社としては人件費がかさむわけです。

ですが、そんなことすると思いますか?

僕は、絶対にありえないと思います。

人件費を上げずに、社員を70歳まで雇う。

どうすればいいか?

いちばん簡単な方法は、1人当たりの人件費を下げればいいわけです。

ってことは、今よりも、お給料が下がるかもしれないってことになります。

まあ、70歳の方なら、それでもいいかもしれません。

でも、子育て世代の方たちにとっては、とんでもない事ですよね。

ホントに、人件費が抑えられるようになったら、ますます、子供は生まれなくなるでしょうね・・・

最後に

70歳まで働けるようにするって、国としては、何を狙っているんでしょうか?

きっと、年金支給開始を遅らせたいんでしょう。

このままいけば、年金支給開始は70歳になるかもですね。

なので、それまでは、出来る限り働く!

ん・・・

みなさんは、どう思いますか?

男性の健康寿命は、約70歳と言われています。

ってことは、仕事をリタイアしたら、自立した生活が出来なくなるかもしれないわけです。

あ~、とんでもない国ですね・・・

死ぬまで働く。

これは、日本では当たり前になるのかな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。