新型コロナの死者、3割超がワクチン未接種だったらしい。ってことは・・・

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、新型コロナのワクチンは打ちましたか?

1回、2回、3回、そして、4回目も計画されているそうです。

いったい、何回打てばいいんですかね・・・

なんてこと言ってますが、僕自身、1回も打っていません。

いまのところ、熱も出ませんし、咳も出ません。

なので、感染はしてないと思います。

妻も打ってないんですが、元気に会社で仕事をしています。

まあ、単にラッキーなだけなんでしょうね。

そんな中、こんな記事を見ました。

『新型コロナ 死者の3割超がワクチン未接種 3月茨城』です。

今日は、この内容について書いてみたいと思います。

ワクチン未接種者は3割超え

この記事には、こんなことが書かれています。

『新型コロナウイルスに感染し、茨城県内で3月中に死亡が報告された89人のうちワクチン未接種者は3割を超え、3回目のワクチン接種を終えた人は2割弱にとどまっていた』って。

これだけ読むと、『3割もワクチンを打ってない人がいるのか!』って思いますよね。

そして、『やっぱり、ワクチンを打たないと、危ないんだなぁ・・・』って思ってしまいます。

こういう記事って、書き方次第で、読み手の受け取り方が変わりますよね・・・

しかし、逆に言えば、『7割の人はワクチンを打ったけど、死んじゃった』ってことです。

ん・・・

今のワクチンって、オミクロンに対して、ホントに効果あるんだろうか?

でも、基礎疾患のある高齢者には、効果あるかもしれませんね。

内訳は?

では、お亡くなりになった89名の内訳は、どうなんでしょうか?

この記事では、こう書かれています。

『死亡した人を年代別に見ると、70歳以上の高齢者が9割に上り、このうち最も多かったのが80代の37人。次いで90歳以上が25人、70代が17人だった』

『ワクチン接種歴は「無し(未接種)」が27人で30.3%を占めた半面、「3回」は17人で19.1%にとどまった。「2回」は24人、「1回」は2人』

『基礎疾患があったのは72人』だって。

無くなった方は、ほとんどが『基礎疾患を持っている高齢者』だったようです。

しかもその高齢者の7割くらいは、ワクチンを接種していたんですね。

ってことは、感染や死亡のリスクの高い人がワクチンを打ったとしても、それほど、ワクチンの効果は期待できないってことになります。

ん・・・

この結果、どう思いますか?

最後に

僕は、ホントに不思議なんですが、なぜ、ずっと同じワクチンを打っているんですかね?

インフルエンザワクチンだって、毎年、中身変えてますよね。

『今年は、○○株が流行るはずだ!』って感じで、ワクチンの中身を変えているんです。

なのに、新型コロナだけは、ずっと同じです。

しかも、新型コロナは、既に変異しているのが分かっているんですよね。

だったら、ワクチンも変えないといけないんじゃないんですかね・・・

もしかして、中身は変えているのかな?

こんな感じで、僕の中では、ワクチンに対して疑問ばかりなので、打つ気になれません。

政府は、国民に無理やり打たせようとするし、テレビに出てくる医者も、同じことしか言いません。

挙句の果てに、子供にまで、打てと言っています。

あまりにも、無理すぎませんかね・・・

諸外国のデータでは、ワクチンを打たない方が、死亡率が低くなるというものもあるようです。

まあ、一概に、信じることは出来ませんがね。

世界中のデータを解析して、世界中の人々に、効果と副反応を知らせるべきですよね。

それくらいは、やらないといけないんじゃないでしょうか?

特に、ファイザーとモデルナは・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。