退職金が減っているらしい。そのうち、無くなるんじゃないか?

 

こんにちは。たかです。

ご自分の退職金って、どのくらいあるか知っていますか?

意外と知らない人が多いみたいです。

金融庁の報告書の中でも、『2人に1人は退職直前まで退職金額を知らない』ということが書かれているみたいです。

僕が会社を辞める時、1歳年上の先輩が、こう聞いてきました。

『たかさん、退職金っていくらあるの?オレ、知らないんだよね・・・』だって。

アーリーリタイアを考えていた僕からすれば、『マジですか?』って感じでした。

でも、これが、普通なのかもしれません。

会社にとっては好都合

退職金に関して、興味が薄いってことは、会社にとっては好都合です。

『毎月のお給料を減額します!』ってなると、大騒ぎになるでしょうけど、『退職金を減額します!』なら、ピンときませんからね。

『あ~、そうなんだ、減っちゃうんだ・・・』くらいの感じでしょう。

そうであれば、会社は、簡単に経費削減が出来ちゃいます。

では、実際の退職金って、どうなっていると思いますか?

実は、こうなっているみたいですよ。

1000万円減っているみたい

厚生労働省『就労条件総合調査』によると、平均退職金のピークは、1997年の2871万円だったそうです。

すごいですね・・・そんなにもらっていたんですね。

ところが、2018年になると、1788万円にまで減っているようなんです。

なんと、約1000万円ほど、減額になっているんです。

もし、退職金で住宅ローンを完済しようとしている人なら、大変なことです。

21年間で、1000万円減っているわけですから。

計画が狂ってしまいますよね。

リストラすればさらに減る

退職金って、勤続年数によって、もらえる額が変わります。

勤続年数ごとの平均退職金を見てみると、こんな感じです。

勤続年数20~24年:919万円

勤続年数25~29年:1216万円

勤続年数30~34年:1582万円

勤続年数35年以上:1997万円

45歳でリストラされれば、退職金は919万円です。

50歳なら、1216万円になります。

早期退職優遇制度があれば、上乗せ金があるかもしれませんが、せいぜい、1~2年分くらいでしょう。

優遇制度自体がないケースもありますからね。

ってことは、会社としては、定年までいられるより、退職金も安く済むはずです。

今後は、退職金を減らし、さらにリストラもやり、経費削減に向かっていくんでしょうかね。

50歳から始める! 老後のお金の不安がなくなる本

新品価格
¥1,650から
(2019/12/5 09:55時点)

最後に

そもそも、退職金制度って、法律的にはなくでもOKなんですよね。

なので、退職金が出ない会社もありますよね。

今後は、どうなるんでしょうか?

おそらく、退職金自体が無くなる会社も出てくるんじゃないでしょうか?

現に、退職一時金ではなく、年金型に変更している会社が増えて来ています。

それだけ、会社に余力が無いのかもしれません。

そう考えると、『確定給付企業年金』は無くなるかもしれませんね。

マイナス金利政策などで運用状況が厳しければ、支払うことが出来ませんから。

僕は、企業年金はありません。

その選択はせず、一括で退職金をもらいました。

だって、30年先、ちゃんと運用しているかどうか、不安じゃないですか。

それならば、生命保険会社の方が、まだマシだと思います。

ドル建てなら、企業年金よりも利率がいいですし、安心感があります。

ただし、為替リスクはありますけどね。

アーリーリタイアを目指している方は、『自分の退職金の額を知らない』なんてことは無いでしょう。

ですが、ホントに、その額が出るかどうか・・・

少なくとも、退職金で住宅ローン返済をしようとは、考えない方がいいですよ。

もし、出なかったら、最悪の事態になりますからね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。