人生最後のボーナス支給日でした。評価は最低だった?

 

こんにちは。たかです。

昨日は、勤めていた会社のボーナス支給日でした。

夕方に郵便屋さんが、会社からの『賞与支給明細書』を配達してくれました。

正直なところ、『最低評価だろうな・・・』なんて思いながら、この日を待っておりました。

なぜ、最低評価なのか?

以前に、会社を辞めた方の『最終ボーナス』を確認したことがあります。

金額を確認したんじゃなくて、『どんな評価だったか?』を聞いたことがあります。

そしたら、ほとんどの方が、『最低評価だったよ・・・』って。

僕が勤めていた会社のボーナスは、評価によって、かなり金額が変わってきます。

最高と最低だったら、100万円以上違います。

まあ、最高評価なんか、誰もつきませんけどね・・・

最低評価だったら、ホントに、雀の涙。

これだと、ライフプランに誤差が出てしまう。

不安な気持ちで、会社から送られてきた封筒を開けてみました。

そしたら・・・

最低評価では無かった・・・

ん~、助かりました!

今回ばかりは、上司に感謝ですね。

といっても、良い評価がついたわけじゃありません。

下から2番目の評価でした。

それでも、最低評価よりは、だいぶマシです。

妻に報告

この封筒をもって、妻に金額を報告しました。

そしたら、妻が一言。

『ありがとう。おつかれさまでした!』って。

初めて言われたような気がしますね、この言葉。

やっと、僕のサラリーマン人生が、終わったような気がしました。

金額は?

流石に、ここでは金額は書きません。

恥ずかしいですから・・・(ホントに少ないんです)

でも、予想より数万円多かったので、今度、焼き肉でも妻と行きたいと思っています。

最後に

僕が唯一、『よし、がんばるぞー!』って思う日って、ボーナス支給日でした。

でも、翌日には、うつ状態だったんですがね。

金額自体は少ないんですが、臨時でお金がもらえるって、うれしかったですね。

でも、そのボーナスが無くなるって、ちょっと、さみしい感じがしました。

『あ~、もう、もらえないんだな・・・』なんて。

サラリーマンの唯一の楽しみだったような気がします。

これからは、世の中がボーナスシーズンになると、落ち込むんだろうな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。