サラリーマン時代は最悪だった・・・4月に感じた絶望的なこと。

 

こんにちは。たかです。

4月に入り、人事異動があった会社も多いんじゃないでしょうか?

新入社員も入ってきますしね。

中には、ウキウキして、会社に行くのが楽しくなっている人もいるかもしれませんね。

まあ、僕は、その真反対の人間でした・・・

4月になると、ホントに、イヤな事が多かったですね。

今日は、僕がサラリーマン時代に感じた、絶望的なことについて書いてみたいと思います。

担当変更

4月になると、サラリーマンには、人事異動というものがあります。

僕も、27年のサラリーマン生活の中で、何度か人事異動を経験しました。

しかし、引っ越しを伴う移動に関しては、4回くらいしかありません。

案外、僕は移動が少なかった方なんです。

しかし、同じ事務所の中で担当エリアが変わるという『担当変更』は、かなり経験しました。

僕は、営業マンをやっていたんですが、なぜか、営業成績が振るわないエリアに配置されることが多かったんです。

もはや、これって、いじめですよね・・・

そんなところを担当したら、成績が上がるわけありません。

もう、絶望的・・・

だから、ずっと、評価はしずんだまま。

いわゆる、窓際だったんです・・・

パワハラ上司

4月になると、上司も変わります。

僕にとっては、ホントに、つらい時でした。

心優しい上司が去ってしまう時は、ホントに悲しかったですね。

だって、そんな上司は、ほとんどいませんでしたから。

なぜか、僕が勤めていた会社は、パワハラ上司が多かったんです。

体育会系と言うのか、言葉がきつい上司が多かったですね・・・

上手くやる社員も多かったんですが、僕には、それが出来ませんでした。

なので、僕は、パワハラの標的にされることが多くて・・・

あまりにもひどい時には、仲間を募って、会社に訴えた事もありますがね。

今考えるだけでも、吐き気がします・・・

最後に

まだまだあるんですが、会社のことを思い出していたら、気分が悪くなったので、この辺りでやめたいと思います。

自分で書き始めたくせに・・・

すみません・・・

この4月から、行きたくない部署に異動させられた方も、いらっしゃるかもしれませんね。

サラリーマンとは、ホントにつらいですね・・・

会社がつらいと感じる方は、1日も早く、経済的自由を手に入れられるよう、なにか対策を打った方が良いですよ。

経済的自由を手に入れることが出来れば、なんでもやれますからね。

そして、ウキウキした毎日を過ごしましょう!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。