このくらいの生活費で生きていけると楽だよな・・・

 

こんにちは。たかです。

僕が会社を辞めてから、無駄な出費が減りました。

家計管理を僕がやり始めたので、妻も、ちょっと節約してくれているようです。

といっても、自分の好きなお菓子は、大人買いしていますが・・・

今日、こんな記事を見ました。

『30歳、専業主婦。まもなく出産ですが、貯蓄がなくて不安です』です。

さて、どんな家計なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん36歳、奥さま30歳、もうすぐ、お子さんが生まれるようです。

月の収入は、旦那さんが27万円あるようです。

ボーナスは、年間で15万円らしいです。

貯金は、奥さまのへそくりを含めれば、400万円あるようです。

支出は?

では、支出はどうなんでしょうか?

・住宅費:7万2000円

・食費:3万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万4000円

・趣味娯楽:1万1000円

・こづかい:7000円

・雑費:5000円

・保険:2万7000円

合計すると、約18万円になります。

かなり、節約された生活をされていますね。

月の収入が27万円ですから、月に9万円は貯金出来ています。

年間では、9万円×12か月=108万円ってことになります。

さらに、ボーナス15万円がありますから、108万円+15万円=123万円になります。

不安はあるか?

仮に、今のまま、旦那さんが65歳まで仕事を続けたとします。

そうなると、123万円×29年=約3600万円を貯めることが出来ます。

お子さんの教育費として、2000万円を使ったとしても、1600万円は残ることになります。

老後資金としては、ちょっと、心細いかもしれません。

もし、奥さまが、お子さんが小学生になると同時に、アルバイトをされたらどうでしょうか?

月に10万円稼ぐとして、旦那さんが定年になるまでの23年間、アルバイトをしたとします。

そうなると、10万円×12か月×23年=約2800万円を稼ぐことが出来ます。

ってことは、老後資金は、1600万円+2800万円=4400万円ってことになります。

これに、今ある貯金を合わせれば、4400万円+400万円=4800万円になりますね。

僕ならこうする

旦那さんが65歳になった時に、2000万円で家を買ったとします。

すると、貯金は、2800万円になってしまいます。

ところが、家賃を除けば、生活費は、約11万円もあれば足りることになります。

その時の公的年金がいくらになっているか分かりませんが、11万円なら、公的年金だけで生きていけるかもです。

そうなれば、貯金の2800万円は、夫婦で旅行なんか行って、使い切ってもいいんじゃないでしょうかね。

最後に

我が家も、公的年金の範囲内で生活できるように、現在、トレーニング中です。

ねんきん定期便を見る限り、おそらく、夫婦で月15万円くらいになると思います。

その中で生活出来れば、貯金ゼロでも生きていけるわけですからね。

まあ、計算上は・・・ですが。

僕も、このご夫婦を見習って、節約生活をしながら、苦痛のない楽しい生き方をしていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。