2000万円あるから大丈夫!って思っていたら破産。どうしたらいいのか?

 

こんにちは。たかです。

最近、『老後2000万円問題』って話題にならなくなりましたね。

老後2000万円問題とは、『公的年金だけでは足りないので、2000万円くらいの貯金はしておいたほうがいいですよ!』というものです。

『老後は、公的年金だけで大丈夫!』と思っていた人にとっては、衝撃的なことだったでしょうね。

実際、日本弁護士連合会の『破産事件及び個人再生事件記録調査』によると、破産事件の10人に1人は70歳以上、6人に1人が60歳代なんだそうです。

なので、老後の準備をしていない人が、ある一定数はいるということなんでしょう。

しかし、2000万円あるからと言って、老後は絶対に大丈夫ってわけでもないみたいです。

老後2000万円問題とは?

ほとんどの方は、老後2000万円問題については、ご存知だと思いますが、改めて、簡単に書いてみたいと思います。

老後2000万円問題は、『夫が65歳以上、妻が60歳の夫婦のみの無職世帯で、夫が95歳、妻が90歳になるまでの30年間は夫婦とも健康である』ということを前提になっています。

そうした場合、公的年金だけでは生活費が足りず、『毎月約5万5,000円が赤字になる』ということが根拠になっています。

これは、総務省の『家計調査』が元になっています。

月5万5000円が足りないわけですから、30年間では、5万5000円×12か月×30年=約2000万円が足りなくなるわけです。

しかし、月5万5000円以上足りない状況になれば、2000万円を持っていたとしても、破産することになります。

まあ、人生、何が起こるか分かりませんらね・・・

子どもが借金を抱えてしまったとか、親の介護費用が想定以上だったとか、いろんなことが想定されます。

では、老後破産しないようにするには、どうしたらいいんでしょうかね?

対策は?

もちろん、2000万円ほどの貯金があれば、少しは安心できますよね。

しかし、それだけでは、ちょっと足りません。

僕が考えている対策は、2つあります。

まず、ひとつ目は、『公的年金の範囲内で生活できるようになる』ってことです。

公的年金の範囲内で生活出来れば、貯金を使わずに済みます。

もし、なにか、想定外のことが起こっても、2000万円あれば対応できると思うんですね。

なので、出来れば、公的年金の範囲内で生活できるよう、若いうちから訓練しておけばいいと思っています。

ふたつ目は、『死ぬまで稼ぐ』ってことです。

もし仮に、公的年金だけでは生活できなくても、少しでも稼ぐことが出来れば、生活費の足しに出来ます。

なので、死ぬまで、お金を稼ぐことが出来るようになればいいわけです。

しかし、雇われで労働をする事でお金を得る方法では、死ぬまでお金を稼ぐことは出来ません。

だって、クビにされるかもしれませんし、体が動かなくなったら、おしまいです。

では、どうしたらいいのか?

その答えは、『お金に働いてもらう』んです。

たとえば、株の配当金など、いいかもしれませんね。

株を持っているだけで、定期的にお金をくれますからね。

もし、2000万円を配当利回り3%の株に投資したとしたら、年間で60万円を得ることが出来ます。

これで、月5万円を得ることが出来ますからね。

僕の場合、生命保険を使って、死ぬまでもらえる年金型の保険に加入しています。

生命保険だって、使い方次第では、役に立つと思いますよ。

最後に

今年から、公的年金が、0.4%くらい引き下げになるんだそうです。

物価は上がっているのに、年金は下がる・・・

高齢者は、かなり、つらいかもですね。

もちろん、働いている人の方が、もっとつらいですよね。

働いている人の賃金が上がらないと、年金額も上がりません。

なので、日本経済が上向いて、国民の賃金が上がるような政策を打ってくれる政府になってほしいですね。

今やることは、減税だと思うんですがね・・・

日本は、減税もしない、利上げもしない。

ホントに、不思議な国です。

こんな国、他にありませんよね。

ってことは、岸田さんと黒田さんの頭が悪いんでしょうか?

そうじゃありませんよね・・・

きっと、黒田さんだって、利上げしたいはずです。

でも、それが、できない・・・

どうしてなんでしょう?

僕は、ほかの誰かの力が働いているとしか思えないんです。。。。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。