転職して収入が下がると苦しいなぁ・・・どうしたものか?

 

こんにちは。たかです。

今の時代、転職なんて、よくあることです。

僕も、1度だけですが、転職活動をやったことがあります。

最終的には、転職しなかったんですが。

でも、転職すると収入が下がってしまうことってありますよね。

今日、こんな記事を見ました。

『40歳夫の収入が半分に。子ども用の貯金50万円を取り崩す…』です。

どうやら、旦那さんが転職して、収入が半分になってしまったらしい・・・

半分は、きついですね。

さて、この先、どうしたらいいんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん30歳、奥さま40歳、5歳と2歳のお子さんがいらっしゃいます。

(ちょっと、タイトルと年齢が合わないんですが・・・)

月の収入は、旦那さんが19万円、奥さまは2000円(内職)なんだそうです。

旦那さんの前職の収入は、40万円以上あったそうです。

このくらいのお給料だと、かなりの激務だったかもですね。

だから、転職したのかも・・・

ボーナスは、年間で18万円なんだそうです。

ちなみに、貯金は50万円お持ちなんだそうです。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・家賃:5万2000円

・車両費:6万6000円

・食費:4万円

・光熱費:2万円

・通信費:2万3000円

・趣味娯楽:1万円

・教育費:2万円

・こづかい:1万円

・雑費:4万円

・保険料:4万500円

合計すると、約32万円になります。

月の収入は約19万円ですから、32万円-19万円=13万円の赤字になります。

年間では、13万円×12か月=156万円の赤字です・・・

っていうか、あと4か月で貯金が底をついてしまいます。

これは、マジでヤバいですね。

では、どうしたらいいですかね?

支出のカット

毎月、13万円の赤字ですから、その分、生活費をカットするしかありません。

どこをカットすれば良いのか・・・

◉車両費

車両費の内訳は、こんな感じです。

自動車ローン:5万3400円

自動車保険:1万2340円

ん~、まだ、支払いは終わっていませんが、売り払ってしまうしかないですかね。

売り払ったお金で完済できないかもしれませんが、借金は減ります。

少なくとも、自動車保険料は払わなくて済みますからね。

ここで、6万6000円カット出来ます。

◉雑費

雑費の中身は、こうです。

・おむつ代、妻の親へ仕送り:1万円

・ガソリン代:不明

・その他カード支払い分:不明

家計簿のつけ方が、ザックリしすぎてますね・・・

これでは、よく分かりません。

少なくとも、奥さまの親への仕送りとガソリン代を無くせば、2万円くらいは、カット出来るんじゃないでしょうか?

気になるのは、『その他カード支払い分』ですね。

借金でなければいいんですが・・・

◉保険料

保険料の内訳です。

・旦那さん/共済:3000円

・奥さま/医療保険:8112円

・学資保険:2万7492円

・こども共済:2000円

ん・・・

もう、学資保険以外は、やめてしまいましょう。

すると、約1万3000円ほどカット出来ます。

◉通信費

スマホ2台とパソコン1台を使っているようです。

それで、月に2万3000円支払っています。

ちょっと、高くないですかね・・・

がんばれば、あと1万5000円くらいは、カット出来るんじゃないでしょうか?

ちょっと、不便になるかもしれませんが、仕方ありません・・・

 

ここまでやれば、6万6000円(車両費)+2万円(雑費)+1万3000円(保険料)+1万5000円(通信費)=11万4000円をカットすることができます。

でも、目標の13万円まで届きません・・・

あとは、食費を削るか、奥さまが働きに出るか?

とはいえ、まだ、お子さんが小さいですからね。

悩ましいところです。

最後に

転職して、収入が下がってしまうことってあると思います。

ですが、いきなり生活水準を下げることって、出来ないんですよね。

なので、転職する際には、出来るだけ収入が下がらないようにした方が良いんですが。

まあ、この旦那さんは、前職の収入が高かったので、ちょっと無理かしれません。

であれば、転職前から生活スタイルを変えておくべきでしたね・・・

ですが、これって、退職後にも当てはまります。

退職して無職になると、無収入になるわけです。

なのに、サラリーマン時代と同じ生活スタイルだと、あっという間にお金が無くなってしまいます。

気をつけないといけませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。