50歳から投資を始めても手遅れ・・・?そんなことないと思います。

 

こんにちは。たかです。

先日、ブログ読者の方から、こんな質問をいただきました。

『50歳のサラリーマンです。これから株式投資をしようと思うんですが、手遅れですかね?』って。

さて、みなさんは、どう思いますか?

株式投資は、リスクを減らすために、長期投資が推奨されています。

なぜかと言うと、長期投資をすれば、株式投資の場合、損をする確率が、かなり低くなり、利益を出すことが出来ると証明されているからです。

ですが、質問をくださった方は、さすがに50歳からでは、遅すぎるのでは・・・と思ったのかもしれません。

今日は、この辺りについて、僕の考えを書いてみたいと思います。

結論

まずは、結論から申し上げますと、『遅すぎることはない』が僕の考えです。

たとえば、アメリカのダウ平均株価の騰落率を見てみます。

すると、こんな感じになります。

◉投資期間が1年の場合
・最大:33.5%
・最小:-33.8%

◉投資期間が5年の場合
・最大:24.6%
・最小:-3.4%

◉投資期間が10年の場合
・最大:15.4%
・最小:-1.0%

こんな感じで、投資期間が長くなると、、最大リターンと最小リターンの差が小さくなっていきます。

要するに、収益が安定してくるんですね。

そして、最小リターンのマイナスが減っていきます。

最小リターンがマイナスにならなければ、『損をする事はない!』ってことになります。

なので、長期に運用すれば、負けは無くなり、必ず勝つことが出来るわけです。

これは、ダウ平均だから起こるわけではなく、日本の株でも、同じようなことが起きます。

仮に、50歳から投資を始めても、10年後は、まだ60歳です。

20年投資をやっても70歳ですから、50歳から投資を始めても、遅すぎることはないですよね。

生涯投資家

僕は、死ぬ直前まで、株を売ることはないと思います。

今保有している株は、売る必要が無ければ、ずっと運用しようと思っています。

株価は、上がったり下がったりしながら、最終的には、上昇していきます。

下落し続ける株って、無いんですよね・・・

日本の株だって、アベノミクス以降、上昇してきています。

日本のような、変な経済政策をやっている国でも、上昇するんです。

世界中にお金が増えれば、株価は上がる。

僕は、そう信じています。

あとは、どこに投資をするか?

最も安全なのは、全世界に投資することかもしれません。

今後10年間は、アメリカよりも全世界に投資したほうが、高いリターンが得られると言われています。

ホントかどうか知りませんがね・・・

なので、いろんな地域に投資をしておけば、それなりのリターンが得られるんじゃないでしょうか。

最後に

このところ、アメリカの金利が上がってきています。

その結果、米国の2年債券の利回りと10年債券の利回りの差が、小さくなってきています。

このまま行くと、いつかは、逆転しそうな感じです。

この逆転現象を『逆イールド』と言うんだそうですが、それが発生すると、数か月から数年後に、株価は大暴落するようです。

では、この逆イールドが起きたらどうするか?

今、その時のための作戦を考えています。

うまく立ち回れば、爆益を得ることが出来そうですからね・・・

もし、逆イールドが発生したら、僕の作戦をご紹介したいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。