かんぽ生命のノルマに対するやり方は異常。誰も幸せにならない。

 

こんにちは。たかです。

かんぽ生命って、ひどくないですか?

お客さんが不利益を被るのを承知のうえで、平気で契約を取るなんて・・・

どうも、その背景には、『過剰な営業ノルマ』があるようです。

まだまだ、こんな会社ってあるんですね。

しかも、ちょっと、行き過ぎているような気がします。

ノルマが達成できないと、『管理職からのどう喝』、『懲罰研修』なんかがあるようです。

これって、すでにパワハラじゃないですかね。

こういった会社って、上層部がバカなんですよね・・・

自分の時代さえ、売り上げが上がればいい。

そのことしか、考えていません。

部下をバシバシ叩いて、実績を上げさせて、自分は出世していく。

腹が立ちますね!

怒っております。

社員は犠牲者

元社員の方曰く『どんな手を使おうとも、営業成績がいい社員が評価されるという仕組みがおかしい』と言っています。

もう、モラルなんていう言葉は、社内にはないんでしょうね。

この方は、会社の考え方について行けず、退職されたそうです。

きっと、仕事をしている時って、つらくって仕方なかったでしょうね。

自分の考えとは、まったく違う事をさせられる。

『こんな事をやってはいけない!』って思いながらも、『やるしかない・・・』って自分を押し殺していたんじゃないでしょうかね。

手口は?

不適切営業の『手口』を告発されている方もいます。

その中に、こんなものがあるそうです。

『貯蓄残高が多いと高齢者施設に入所できないので、貯蓄を減らした方がいい。その貯蓄をかんぽ生命保険や投資信託に移せば、資産隠しができて施設に入れる』

こんなことを言って、契約を取るんでしょう。

お年寄りの弱点をついて契約を取ろうとするなんて、ひどいです。

もう、かんぽ生命も郵便局も、許されないですね!

お客さんを大事にしない

しかも、こんな事も言われていたそうです。

『以前の客ではなく、新しい客から契約を取ってこい』って。

もう、企業として、頭がおかしいです。

『契約が取れたお客のところには、行くな!』ってことですよ。

営業マンとしては、最低の考え方です。

これをやっている間は、絶対に顧客が減っていきます。

そんなものです。

最後に

怒りが込み上げて書いてしまいました。

実は、僕が勤めていた会社も、こんな感じでした。

ここまでひどくないですけどね。

『お客さんに迷惑をかけてでも、売り上げを上げてこい!』って感じでした。

この感覚がイヤでしたね・・・

でも、ずっと会社にいると、慣れてしまう人が増えてくるんです。

そのうち、『お客に迷惑かけてでも、売り上げを上げることが良いことなんだ!』、『そうやって、売り上げを上げられないヤツは、ダメなヤツだ!』ってなってくるんです。

もう、人ではありません・・・

僕自身、会社を辞めることが出来て、良かったと思っています。

これ以上、頭がおかしい会社が増えないことを、祈っております。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。