日本の『べき論』って窮屈じゃないですか?僕は脱出の途中です。

 

こんにちは。たかです。

日本って、『~するべき』とか、『~あるべき』っていう事が、多くないですかね?

外国がどうなのか?よく知りませんが・・・すみません。

僕は、この『べき論』が、非常に苦手です。

サラリーマンをやっていると、この『べき論』ばっかりです。

特に、会議では『べき論』に則っているかどうか?が話題の中心になります。

『べき論』の最たるもんが、『ルール』であり『慣例』です。

『ルールはこうだから、こうすべきだ』とか、『今までは、こうやってきたら、こうすべきだ』なんて、日常茶飯事です。

確かに、ルールは守らないといけないものも、たくさんあります。

ですが、ルール自体がおかしいものもありますので、そこは、ルール自体を変えたほうがいい時もあるわけです。

ですが、そこには注目せず、無理やりルールに従おうとする。

そうすると、窮屈な動きや発想しかできなくなるんです。

人は働くべき

これは、僕が子供のころから教えこまれた『べき論』です。

確かに、そのとおりかもしれません。

ですが、ちょっと、僕は疑っています。

『ホントにそうなんだろうか?』って。

働くことを否定しているわけではありません。

働かないという選択肢を、否定してはいけないんじゃないか?

そう思っているんです。

もっと、極端に言えば、『働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなくていい』

そんな風に考えが変わっても、おかしくないんじゃないか?

働く人は、お金があるので、優雅に暮らせるし、働かない人は、お金がないので、それなりの生活をする。

それで、良くないですかね?

働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる/橘玲

価格:1,620円
(2019/4/5 15:22時点)

これからは心の時代

今の日本は、経済的には、申し分のないくらい発展しています。

これ以上、発展しなくても、だれも困らないでしょう。

反面、心は疲弊しています。

もっと、発展させないといけないのは、経済とか便利さとかではなくて、『心の豊かさ』ではないでしょうか?

日々、幸せを感じて生きていくことが出来る人が増えれば、経済も発展するんじゃないでしょうか。

お金はみんな、ある程度持っています。

でも、将来が不安だから、使う事をしない。

今が幸せで、将来に不安が無ければ、みんな、お金使うんじゃないですかね?

最後に

僕は、まだ、『べき論』から脱出する途中です。

その理由は、『いつから、働くの?』とか、『働いた方が良いよ!』などのアドバイスに、心がフラフラしているからです。

まだ、僕自身、『べき論』から抜け出せていません。

心の奥底で、『やっぱり、働いた方が良いよなぁ』なんて、思っているんです。

まだ、修行が足りません。

一日も早く、『べき論』から脱出して、自由に思ったままの生き方をしていきたいです。

明るく・楽しく・優しく・感謝して。

これが、僕の目指す生き方の根本です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。