新型コロナの影響で内定取り消しが発生。でも、ホントに大変なのはだれ?

 

こんにちは。たかです。

コロナウイルスの影響は経済にも出て来ています。

中小企業では、倒産するところもあるようです。

今後、どうなっていくのか、予想もつきません。

先行き不透明感が、人を不安に陥れ、さらに経済を悪化させています。

そんな中、新卒者の内定取り消しが行われているようです。

ハローワークには、企業からの内定取り消しについて、多くの相談が寄せられているんだそうです。

リーマンショックや東日本大震災の時にも、同じようなことが起こったと記憶しています。

でも、そんなことしていいんですかね?

内定が取り消しできる時とは?

今日、こんな記事を見ました。

『新型コロナによる<景気悪化>で内定取り消しされた場合の留意点』です。

この記事によれば、内定取り消しを出来る時は、こんな時みたいです。

『内定時に会社が知ることができなかったような理由で、かつ、それが業務に影響を与える場合』

『そして、それらを理由に取り消しても、社会的にも相当であるという場合』なんだそうです。

たとえば、今後より一層、コロナウイルスによる景気悪化が進んで、会社が傾きそうなった。

そんな状況になれば、内定取り消しも出来るんでしょうね。

内定取り消しする企業とは?

よーく考えてみると、新卒者の内定取り消しをする会社って、どうなんですかね?

新入社員を雇えないくらい、体力が落ちている会社じゃないでしょうか?

だったら、そういった会社には、行かない方が良いかもしれません。

仮に、入社したとしても、すぐにクビにされるかもしれません。

あるいは、倒産するかもしれません。

だったら、そんな会社には行かずに、早いうちに再度、就職活動をやった方が良いかもです。

無駄な時間を過ごさなくて済みますからね。

いちばん大変なのは・・・

当然ながら、内定を取り消しされた方は、大変だと思います。

でも・・・

僕が心配するのは、新・大学4年生、新・高校3年生です。

この時期に景気が落ち込めば、今年の求人は、かなり少なくなるでしょう。

ってことは、就職難になるかもしれません。

今年3月に卒業する大学生の就職率って、かなり良かったはずです。

たった1年違いで、全然、就職の難易度が変わってきます。

今、大学3年生、高校2年生の子供たちは、不運としか言いようがないですね・・・

自分たちは、何も悪くないのにね。

早く景気が上がって、就職難にならなければいいんですがね。

最後に

コロナウイルスさえ終息すれば、経済は盛り上がってくるでしょう。

すぐにとは言い切れませんが・・・

さらに、経済対策も出されるでしょうし。

ある政党は、国民一人当たり10万円を補填するなんてことも言っているみたいです。

実現はしないでしょうけど。

ただ、消費税が軽くなる可能性はあるんじゃないでしょうかね(無いかな?)。

そうなれば、多少は景気も良くなると期待しているんですが・・・

早く、普通の日常に戻ってほしいものです。

そして、僕の株の損失をどうにかしてほしいです・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。