大企業に入社した人は、大きな夢は持たない方が長続きする。

 

こんにちは。たかです。

昨日は、4月1日だったので、入社式の会社が多かったみたいですね。

僕も26年前はそうでした。

『これから、頑張るぞ!』って、やる気満々で、周りの同期社員が全員、敵の様に見えていたものです。

意外と、僕は若いころ、出世欲が旺盛だったんです。

ですが、新人研修が進んでいくと、自分のダメさを痛感するようになりました。

優秀なヤツって、入社した時から違うんですよね・・・残念ながら、既に差がついています。

でも、頑張り次第では、出世することも夢ではありません。

そんなことを思い出しながら、ネットをみていましたら、こんな記事を見つけました。

『主要企業で入社式 「時代つくる気概を」』です。

入社式では、いつも言われている言葉のような気がします。

僕らの時ですら、言われていたような気もするんですがね・・・

その中で、ちょっと違和感を感じました。

社長のあいさつに違和感

とある企業の社長のあいさつです。

『失敗を恐れずチャレンジする。スピード感をもって仕事をする。自由で大胆な発想で知恵を出す。この3点を若さと希望であふれる皆さんにお願いする』

このフレーズって、別に、新入社員に言われている事ではありません。

ベテラン社員でも、僕みたいなポンコツ社員にも、発せられていた言葉です。

ですが・・・

26年間、サラリーマンをやってきて、思うことがあるんです。

そんなこと、できねーじゃねーか!

ひとつずつ、ツッコんでみます。

失敗を恐れずチャレンジする

言葉では、そうかもしれないが、いざ、失敗したら全部、本人のせいにして上司は逃げ回るじゃないか!

どうなってるんだ!

スピード感をもって仕事をする

本部の判断が遅いじゃないか!

だれが、最終判断しているんだ!

こっちは、とっくの昔に企画書上げてるぞ!とっく

自由で大胆な発想で知恵を出す

大胆な発想をしたら、止めに入るのは誰だ!

自由にやったら、注意してくるのはどうしてだ!

インバスケット的「根回し」仕事術 やりたいことがさくっと実現する [ 鳥原隆志 ]

価格:1,620円
(2019/4/2 13:11時点)

全部できません

ハッキリ言って、大企業は、こんなこと出来ません。

社員数が少なくって、社長と直接、話が出来るくらいの規模の会社じゃないと無理です。

どんなに自由で、大胆で、素晴らしい企画でも、絶対に、中間管理職が、止めに入ります。

理由は、こうです。

『過去にこんな事はしてないし、ルールに反する』って。

『そんなの分かってやってるつーの!』って、反論しても、無理ですからね・・・

サラリーマンは、『如何に、根回しが出来るか?』が、大切です。

最後に

すみません。

ちょっと、熱くなってしまいました・・・

社長が言うことと、現場は、まったく違う。

これもまた、若い社員が、ベンチャー企業に流れていく原因だと思っています。

大企業よりは、まだ、自由度が高いみたいですからね。

このブログは、若い方は見てないかもしれませんが、参考にしてもらえたらと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。