キリンも早期退職の募集をやるんですね。やはり45歳以上がターゲット。

 

こんにちは。たかです。

またしても、早期退職の募集をやる会社が出てきたようです。

どんどん出てきますね~。

今年の上半期だけでも、早期退職の募集をした上場企業って、既に17社あるんだそうです。

ちなみに、2018年は12社だったそうで、半年間で昨年を上回っているんですね。

しかも、募集人数は2019年上半期で8178人だったみたいで、2018年の4126人の約2倍になっています。

大規模なリストラが行われているってことですよね・・・

さて、今回のキリンの早期退職の募集ですが、特徴があるみたいです。

先行実施型の希望退職

最近増えているパターンみたいですね。

要するに、『手元にキャッシュがあるうちに余剰人員を削減する』ってことです。

以前のリストラって、業績不振で追い詰められた企業が、強制的に人件費をカットするために行っていました。

今は、そうではなくて、業績が良いうちに人員整理をやってしまおうとしているんですね。

中外製薬やアステラス製薬なんかも、そのパターンだと言われているようです。

ですので、『うちの会社は、業績が良いからリストラなんて無関係!』なんて思っていると、痛い目に遭いますよ。

ある日突然、『あなたの仕事はありません』って、言い渡されるかもしれません・・・恐ろしい。

狙われるのは50代らしい

先行実施型の希望退職って、人員の適正化を進めるのが目的です。

何が適正か分かりませんが、バブル時代にたくさん採用された人たちは、不要になってきています。

50代の社員は、他の年代よりも採用が多いし、会社に居残っている人も多い。

かといって、重要なポストに就いているのは、ほんの一握りの人だけ。

多くの50代は、ヒラ課長みたいな感じで、部下すらいない。

その割には、お給料は高い。

要は、非常にコスパが悪いんですね。

僕なんか、その代表者みたいなものでした。

だから、どんどん、50代はリストラしたいんでしょう。

その気持ちは、よく分かりますがね・・・

やられる方は、たまったもんじゃありません。

対象は45歳以上

邪魔な50代を排除したいのであれば、対象年齢を50歳以上にすればいいのですが、現実、どの会社も45歳になっています。

なぜなのか?

それは、能力のない45歳も必要ないってことです。

先行実施型の希望退職をやる会社って、若返りを図ろうとしています。

若い世代にチャンスを与え、新しいビジネスにチャレンジしようとしています。

45歳からチャンスを与えても、もう、遅いんですね。

僕が勤めていた会社でも、30代後半で大きな職務に抜擢され始めました。

今の時代、30代でチャンスを得なければ、会社の中では終わったも同然かもしれません。(ちょっと、極端かな?)


最後に

今後は、AIが導入され、ますます人が要らない時代になるかもしれません。

技術が進歩すれば、今まで人がやっていたことを機械がやるようになります。

そうなれば、リストラが起こってもおかしくありません。

営業マンですら、どんどん減少している時代です。

さらに、働き方改革で無駄な業務を見直せば、仕事は減るはずです。

これをもし本気でやるようになれば、もっとリストラが起こります。

企業って、無駄を作って社員を雇っていますからね。

先行実施型の希望退職をやっている会社は、そこにメスを入れようとしているんだと思います。

僕は、45歳定年にして、年収を今の2倍にしたらどうかと思っています。

その後の生き方は、人それぞれ。

入社の時からそう思っていれば、45歳までに、いろんなことを考えると思うんですがね・・・

貯金をしたり、投資をしたり、起業の準備をすることも出来ると思います。

いきなり、『あなた、クビね!』って言われるより、対策が出来ると思うんですけど。

みなさん、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。