クロダイ(チヌ)がヒットしたが・・・

 

こんにちは。たかです。

昨晩は、夜釣りに行ってきました。

お天気も良く、風も穏やかだったので、釣り日和でしたね。

愛犬の散歩を早めに済ませて、釣り場に着いたのは、18時半くらいでした。

5月になれば、なかなか、暗くなりません。

明るいうちに仕掛けを作りまして、海を見ながら、ぼーっとしていました。

この時間が、一番好きかもしれませんね。

暗くなってきたのは、19時過ぎくらいです。

昨日の釣り場は、僕の大好きな、『須崎埠頭』です。

東洋埠頭って書いてある建物の前で、いつも釣っています。

ここは、何かしら釣れますので、期待して出撃しておりました。

いきなりヒット

ちなみに、僕の釣り方は、こちらをご覧いただければと思います。

いわゆる、『ヘチ釣り』とう釣法です。

簡単に言えば、タイコリールを使って、岸壁スレスレに、エサのついた針を落としていく。

そこに、魚がいれば、くらいついてくると言った感じです。

さて、少し、うす暗くなってきたので、エサのアオイソメを針につけまして、岸壁をスルスルーっと、落としていきます。

何も、くらいつくことなく、海底まで仕掛けが落ちていきます。

海底に着いてから、30秒ほどアタリを待ちますが、反応なし。

仕方なく、早めのスピードで巻き上げていきました。

そしたら・・・

突然、『ガツン!』と竿先が、海中に引き込まれていきます。

それほど、力が無かったので、最初は、『ん?小さなスズキ?』なんて、思ったんですが。

途中から、グングングングン、海中に引き込まれていきます。

親指で抑えている、タイコリールから糸が出されていきます。

糸が出て行っては巻き、出て行っては巻きを繰り返しました。

なかなか、楽しませてくれる引きでしたね。

この時に、『スズキじゃないな』って感じていました。

スズキなら、右に左に動き回るんですが、今回は、下に下に潜っていきます。

『もしかして、チヌか?』

正体を現す!

何分くらいやり取りをしたか分かりませんが、なんとか、海面に魚が浮きあがってきました。

その体の色は『綺麗な銀色』です。

やっぱり、この引きの正体は『チヌ』でした。

関東の方では、『クロダイ』っていうと思うんですが、福岡では『チヌ』と言います。

まあ、大きさによるんですがね。

目測では、40CMくらいだったと思います。

ん?

なんで、目測なのか?

陸に上がって来たのは・・・

魚が海面に浮いてきましたので、ほとんど、抵抗は出来ません。

『よしよし、網ですくって終わりだな!』と思った瞬間・・・

『プツン!』って。

ハリスが切れたと思われるかもしれませんが・・・

そうではなくって、『ハリはずれ』です。

魚の口に、しっかりハリが、かかってなかったんですね。

『あれ?はずれた!』と思って、海面を見ましたが、既にそこには、銀色の魚体はありませんでした・・・・

なんとも、残念無念。

その後は?

気を取り直して、岸壁を歩き回り、スルスル~の繰り返しです。

ですが、この日は、まったくアタリがありません。

結局、10cmくらいの、メバルを3匹釣っただけでした・・・

まあ、こんな日もありますよね。

最後に

ちょっと、潮まわりが悪かったのかもしれません。

ですが、チヌが釣れる季節になったのは、間違いありません。

今回は、10cmのメバルのみだったので、写真はありませんが、次の釣行では、しっかり大物を仕留めたいと思います。

今度は、5月末くらいに出撃したいかな?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。