早期退職後の家計簿は妻には任せない。妻も合意。だって、面倒くさいってさ

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で、会社を早期退職する予定です。

早めに会社を辞めたいなぁって思ってから、『ライフプランシート』を一生懸命作ってきました。

何度も、何度も見直しながら・・・

たまたま、会社から、『早期退職優遇制度』が発令されまして、通常の退職金に、若干の上乗せがあります。

いろいろと計算した結果、『なんとか、生きていけるかもしれない』って事になりまして、会社を辞めることにしました。

ですが、『毎月20万円で生活する』っていうのが、僕の計画です。

ちなみに、昨年は、20万円どころではありません・・・

月によっては、その倍くらいかかっている時もありました。

まあ、こんな家計状況では、会社なんか辞めれません。

そこで、今年になってから、節約を妻にお願いしました。

最近の家計簿を見てないんですが、妻曰く、『20万もかかってないと思うよ』らしいです。

ほんとかな・・・

そこで、妻に提案してみました。

退職後は、僕が家計簿付けてもいい?

すこし、嫌がるかなぁって、思ってました。

だって、妻からすれば、お金の自由がきかなくなりますからね。

ところが・・・・

『うん、お願い。家計簿って、めんどくさいしね。これからのお金の予定を立てた人が、つけたほうがいいよね。なんだかんだ言って、アタシ、良くわかってないもん』だって。

恐ろしい・・・・

妻は、『ライフプランシート』の見方が、良く分かっていませんでした。

もし、退職後も、お金の管理を任せておいたら、エライ事になってたかもです。

早期退職を目指している方、要注意です!!

お小遣いっていくらかな?

妻から出てきた、次なる言葉です。

『お小遣いって、いくらくらいもらえるかな?』って。

女性って、切り替えが早いです。

『美容室とか化粧品とかまつげとか・・・・・・』

いろんなこと言ってましたが、聞いてないふりして、切り抜けました。

ちなみに、僕は今、お小遣い無しなんですけど・・・

今の家計状況を把握しないといけません

まあ、僕が家計簿をつけ始めるのは、来年の4月からになるでしょう。

その前に、今、我が家がどのくらい出費しているか?

これを、確認しないと、何もはじまりません。

できれば、20万以内で生活したいです。

とはいえ、住民税・国民健康保険・国民年金・生命保険は、別に予算を組んでいます。

普通にやれば、大丈夫だと思うんですがね・・・

子供たちにも協力を依頼

年末年始には、実家に帰ってくるみたいです。

昨年は、まったく、家にいなかったんですけど。

今回は、『僕の退職の事』、『お金の援助』について、話をしないといけません。

娘はまだ学生なので、心配せずに学業に励んでもらいたいと思ってます。

問題は、息子です。

ちょくちょく、家からお金を取っていきますので、今後、一切の支援は出来ないことを、告げないといけません。

働いているわけですから、そろそろ、独り立ちしてほしいものです。

しかも、息子への支援は、僕のライフプランシートには、入っていませんからね。

最後に

ライフプランシート通りに進むわけ無いと思ってます。

ですが、早期退職された先輩方のブログを見ると、予定より、お金を使っていないって、書かれていることが多いです。

まあ、『アベノミクス』効果があるのかもしれませんが。

僕の場合は、結構、ギリギリで作成したので、油断しない様にしないといけません。

もっと、ゆとりをもって作ればよかったかな??

いまさら、遅いですが・・・

今後、どうなっていくか?

このブログ内で、ご報告したいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

超低金利時代のマネー&ライフプラン パーソナルファイナンスのすゝめ [ 赤堀勝彦 ]

価格:2,376円
(2018/11/25 15:53時点)