『働き続けるからライフプランはいらない』っていう人は危なくないか?

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

何年もかけて、ライフプランシートを作成しました。

『あーでもない、こーでもない』っていろいろと悩みながら、作っておりました。

今の生活費はどのくらいかかっているのか?

子供の学費はどのくらいかかるのか?

老後の生活費はどうなるのか?

などなど。

最終的に、『今、会社を辞めても、70歳までなら生きることが出来る』ってことが分かりましたので、会社を早期退職したわけです。

ところが、先日テレビを見ていましたら、こんな人が出ていました。

ライフプランなんか作らない

その方は、『ライフプランなんか必要ない!』という主張をされていました。

年齢は50歳の男性で、僕と同じくらいの人です。

その方が、なぜ、ライフプランを必要としないのか?

その理由は、こうです。

①今の会社を定年まで働いて、継続雇用で可能な限り働く

②その後は、転職をして体が動かなくなるまで働く

要するに、『死ぬまで働いてお金を稼ぐので、ライフプランなんか必要ない!』っていう事のようです。

ん~、なるほど、なんとなく理解できますが、大丈夫でしょうかね?

使いたいだけ使うのか?

ライフプランを作らない方って、貯金はどうしているんですかね?

使いたいだけ使って、余った分だけ貯金する。

こんな感じなんでしょうか?

まあ、高給取りだったら、それでも大丈夫でしょうが、僕みたいな低所得者は、そんなことしてたら、お金はたまりません。

使いたいだけ使ったら、余ることなんかありませんからね・・・足りないくらいですから。

ちゃんと、ライフプランを作らないと、『いくら貯めたらいいのか?』とか『いくら運用益が出たらいいのか?』など、分かりませんよね?

高齢者で仕事があるのか?

それと、もう一つ疑問なのが、『年をとっても、働くことが出来るのか?』ってことです。

まず、『雇ってくれるんだろうか?』っていう疑問が湧いてきます。

『70歳でも働きたい!』って方も多いみたいですが、全員が働けるとは思えません。

ハローワークでも、高齢の方をよく見かけますし・・・

それから、『働く気力が、その年齢まで継続しているだろうか?』って思います。

まあ、現時点では、『年とっても、働くからライフプランなんか要らない!』って思っているかもしれません。

ですが、いざ、その年齢になった時に、『もう、働きたくない・・・』って、なったりしませんかね?

ライフプランも立てずに、好き勝手に生活して、年取った時に『貯金まったくありません!』って感じになったら、無理やりでも働かなくてはいけません。

それって、地獄じゃないですかね・・・

最後に

先日、金融庁が『老後のお金は、年金だけは2000万円足りない!』って言っちゃいました。

その時の資料を見てみると、高齢者で貯金額が100万円未満の方が、7.4%いらっしゃいます。

ちなみに、500万円未満の方は21.8%、1000万円未満になると37.6%になります。

日頃の生活費や、子供の学費、家のローン、親の介護などで、貯めることが出来なかったのかもしれません。

ですが、『死ぬまで働くから、大丈夫!』って感じで、現状から目を背けていると、大変なことになるんじゃないかと思うんです。(高給取りは別ですよ)

もし、まだご自分のライフプランシートを作ってない方は、作られた方がいいと思います。

今日は、ふとテレビで見かけた、無謀な50歳男性について、考えてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。