終身雇用制度が崩壊するならライフプランシート作成は必須になる

 

こんにちは。たかです。

とうとう、終身雇用制度の崩壊が来てしまいそうですね。

今でも、早期退職優遇制度を出して、社員をやめさせようとしている会社は、たくさんあります。

僕が勤めていた会社もそうです。

今後、この傾向はますます激しくなっていくでしょう。

経団連の会長やトヨタ自動車の社長が、『終身雇用は難しい』と発言したわけですからね。

いろんな会社が、社員をクビにしやすくなってきました。

特に、今30代、40代の方は、気をつけないといけませんね。

あっという間に、リストラ候補にされてしまいますよ。

『オレは、そんな風にはならない!』なんて思っていても、この先、どうなるか分かりませんから。

準備はしておいた方がいいです。

そこで、僕からのお勧めは、『ライフプランをしっかり描いておく』ってことです。

ライププランって言うけど先の事は分からない

最近、30代の方からもメールをいただくことがあります。

その中に、『何十年も先のことなんか、描けない』っていうコメントをいただきます。

そうですよね。

20年後、30年後、どうなっているか?

そんなの分かりませんよね。

なので、分かる範囲でいいんです。

あるいは、予測・希望でいいんです。

『こうなっているかな?』くらいの感じで。

たとえば、『結婚しているのか?』とか、『子供はどうなっているのか?』とか『家は買うのか?』とか。

ザックリとしたライフプランを立てることが出来れば、必要になるお金が分かってきます。

ライフプランを立てる時は、予算は多めにしたほうがいいですよ。

その結果、自分は何歳まで稼がないといけないのか?

これが、分かってきますよね。

参考までに、こんなHPがありますよ。

この中の、『家計のキャッシュフロー表』っていうのが、使えるんじゃないでしょうか?

日本FP協会

何歳まで、会社にいるのか?

ライフプランシートを作成して、自分が『何歳まで稼がないといけないのか?』を確認します。

仮に、それが60歳であれば、今の会社にしがみつかないといけないかもしれません。

あるいは、40歳くらいで、早めに退職して、定年の無い会社に転職することも、必要かもしれません。

終身雇用が崩壊しても、すべての会社がそうなるわけじゃありませんからね。

お金の稼ぎ方は、人それぞれです。

ですが、『今の会社でずっと働くことは、無理かもしれない』ってことを、忘れてはいけません。

もしかしたら、60歳まで稼がないといけないのに、50歳で会社をクビにされるかもしれないのです。

そんな時代に突入しようとしています。

副業という対策

僕の息子は、副業をしています。

なぜか?

『いつクビにされても良いように!』って言っています。

ん~、自分のことがよく分かっているようですね。

終身雇用が無くなれば、会社は副業を認めるようになるでしょう。

『すべて会社に頼るな。自分で稼げるようになっておけ!』って感じなんでしょうか。

会社員時代から、副業でお金を稼ぐことが出来れば、不運にも会社をクビにされても、何とかなるかもです。

月に、5万円でも10万円でもあれば、生活の足しにはなります。

あるいは、副業を本業にしても良いわけですからね。

ちなみに、我が家の息子は、副業を本業にしようとしていますが・・・大丈夫なんだろうか?

まったくのノーガードだったら、ホントに困りますよね。

これからは、なんらかの対策は必要だと思います。

最後に

今日は、メールでいただいた質問に関して、ちょっとだけ僕の考えを書いてみました。

僕は、45歳くらいからライフプランシートを作っていました。

何度も、何度も、作り直しました。

その結果、『49歳で会社を辞めても、70歳までは生きることが出来る』ってことが分かりました。

なので、49歳で会社を辞めました。

会社を辞めてしまった今、若い時にやっておけばよかったと思う事は、『投資』と『副業』です。

僕は、株は買っていましたが、微々たる額です。

あまり、退職後の収入には、貢献していません。

一方、副業はまったくしていませんでした。

土日だけでも、何かやっときゃ良かったですね・・・

今日の内容が、30代、40代の方にとって、何かのきっかけになれば、うれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。