終身雇用制度は『必要ない!』って人の方が多いんですね・・・

 

こんにちは。たかです。

数か月前に、経団連の会長さんや、大企業の社長さんが、『終身雇用はむずかしい』とコメントをしました。

現実的には、終身雇用制度は崩壊しています。

現に、『早期退職優遇制度』が出され、多くのサラリーマンが職を失っています。

ですが、社員の多くは、『何ごとも無ければ、定年まで働くことが出来る』と思っているんじゃないでしょうか?

僕は、『終身雇用制度』に関しては、必要だと思っています。

でも、その考え方は、ちょっと時代遅れなのかもしれません・・・

こんな記事を見ました。

『「終身雇用制度」と「年功賃金制」は本当に必要か?』です。

僕にとっては、ちょっとびっくりする内容でしたので、僕の考えを書いてみたいと思います。

終身雇用制度は必要か?

この記事は、アンケートを基に書かれています。

そのアンケートは、450名と小規模なんですが、参考程度にはなると思います。

さて、どんな結果だったか?

『終身雇用制度は必要だと思うか?』との問いに、こう答えています。

『必要』と答えたのは、全体の45.7%、『必要ない』と答えたのは54.3%だったようです。

半数以上の人は、終身雇用制度は、必要ないと思っているんですね・・・

おどろきでした。

では、『必要ない』と答えた人の意見は、どういったものなんでしょうか?

若い世代が多いのかもしれない

『必要ない』と答えた理由は、こんな感じです。

①能力よりも年功序列での評価になりやすく、そのデメリットが大きすぎる

②企業成長のためには新陳代謝は必要

③副業や転職、キャリアの方向性を自分で自由に変えられる仕組みの方が現代的

いずれも、30代の男性の意見なんですがね。

もしかしたら、若い世代ほど、必要ないと思っているのかもしれません。

僕は、この理由を見て、ちょっと違和感を感じました。

だって、①に関しては、終身雇用が悪いのではなく、年功序列が悪いんじゃないでしょうか?

終身雇用でも、評価に勤務年数なんか加味しなければ、良いだけの話しです。

若くても、抜擢されるような感じなら、文句出ないんじゃないでしょうか?

②の企業の新陳代謝は必要だと思います。

ですので、働きの悪いおっさん社員の評価を下げ、給料は抑えて、能力のある若手を抜擢して行けば良いんじゃないですかね。

③なんか、副業や転職は、個人が好きにやればいいだけのことです。

終身雇用だから、副業はダメとか、転職をしてはいけないなんて、誰も言っていないと思うんですが。

終身雇用をしないという事は・・・

僕は、49歳という年齢になり、分かったことがあります。

それは、『会社は、おっさん達には辞めてほしい!』って思っているという事です。

なので、どんなに能力があっても、あまり必要ではないのです。

会社が必要とする『おっさん社員』は、かなりのハイレベルでないといけません。

ハッキリ言って、そんなおっさんは、ほとんどいません。

もし、『終身雇用をしない。定年もない。ダメになったら、辞めてもらう!』ってなったら、50代の社員は、ほとんどクビきりです。

『定年60歳』ってなっているから、なんとかそこまで、雇ってくれているだけの話しです。

それを、ひっくり返したら、多くの人は、困ると思うんですがね・・・

最後に

僕は、終身雇用制度は必要だと思います。

ですが、年功序列の昇進や給与体系は、いらないと思います。

能力がある人が昇進し、高いお給料を貰えばいいと思います。

でも、仕事のできないおっさんだって、人権くらいはあります・・・

クビにしてはいけないと思いますがね。

ダメダメな社員なら、新入社員並みのお給料に下げたらいいんです。

でも、雇用は守る。

生活の基盤だけは、守ってほしいと思うんですが、そんな甘い考えは、時代遅れなんでしょうね・・・

やっぱり、早めにサラリーマンを辞めて、正解だったかな?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

【中古】 「査定!」論。 公正な「実力主義」に基づく「終身雇用制度」を目指せ! /梅森浩一(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2019/9/1 18:54時点)