61歳でひとり暮らし。貯金は5400万円。僕なら使いきれないなぁ・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『61歳一人暮らし、貯金5400万円。上司との折り合いが悪く、退職しました……』です。

61歳で退職なら、普通ですよね。

しかも、貯金は5400万円もあるらしい。

ところが・・・

この方は、こう言っています。

『今ある貯蓄だけで老後はやっていけるだろうか?』だって。

誰が考えても、大丈夫だと思いますがね。

とりあえず、どんな老後になるか書いてみたいと思います。

登場する方は?

61歳の独身女性です。

上司との折り合いが悪いらしく、加えて体調もすぐれないため、リタイア生活を考えているようです。

現在の貯金は5400万円、公的年金は約130万円ほど受給できる予定なんだそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・車両費:1万円

・食費:4万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万8000円

・趣味娯楽:2万円

・雑費:3万円

・保険料:2000円

合計すると、13万5000円になります。

年間だと、13万5000円×12か月=162万円が必要になります。

65歳まで貯金で生活

僕のように、無収入になるとしたら、貯金を切り崩して生活するしかありません。

61歳から65歳までの4年間に必要な生活費は、162万円×4年=約650万円になります。

ってことは、65歳時点での貯金は、5200万円ー650万円=4550万円になります。

65歳からは、公的年金が130万円もらえるようです。

年間の生活費は162万円ですから、162万円-130万円=32万円不足することになります。

この32万円を貯金から補填すればいいわけです。

すると、4550万円÷32万円=142年で貯金が底をつくことになります。

そんなに長生きは出来ませんよね・・・

なので、お金の心配をする必要は、まったく無いってことになります。

投資でもする?

それでも、『お金が無くなるかもしれない・・・』って心配ならば、投資をしてみたらどうなるでしょうか?

この女性の場合、公的年金だけでは、生活費が年間で32万円足りないわけです。

仮に、100歳まで生きるとしたら、いくらあれば良いのでしょうか?

65歳から公的年金を受給するとしたら、100歳まで35年あります。

ってことは、32万円×35年=1120万円あれば良いわけです。

65歳時点の貯金は4550万円ですから、4550万円ー1120万円=3430万円は使わないお金ってことになります。

であれば、この中から3000万円を投資してみると、どうなるでしょうか?

たとえば、65歳から75歳までの10年間、利回り3%で運用したとします。

その後、利回り3%で運用しながら、100歳までの25年間で切り崩したとします。

すると、どうなるか?

結果、毎月19万円を切り崩すことになります。

もう、使い切れませんよね・・・

最後に

これだけの資産を持ちながら、『今ある貯蓄だけで老後はやっていけるだろうか?』って、考えてしまうんですね・・・

そう考えると、いくらお金があっても、不安感は拭えないってことなんでしょうか?

僕の貯金額なんか、この女性の足元にも及びません。

しかも、僕は、まだ50歳です・・・

大丈夫なのかな・・・

なんだか、ちょっと、不安になってきましたね。

これから、ライフプランをチェックしたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。