孤独を楽しめないと苦労するみたい。アーリーリタイアには必要事項かも

 

こんにちは。たかです。

昨日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』っていう番組を見ていました。

番組名あってるかな・・・?

ゲストに、和田アキ子さんが出演されていました。

僕は、芸能界のことはよく知らないんですが、『アッコファミリー』っていうものがあるみたいですね。

その人たちと、お酒でも飲みながら、ワイワイするのが好きなんだそうです。

ところが・・・

最近は、それも少なくなったみたいで・・・

なんだか、寂しそうでしたね。

そして、こんな驚きの告白をされていました。

今の私、だれかに呼ばれないと思って寂しい時がある

芸能人仲間が誕生日会を開いても、呼んでくれないみたいです。

それで、寂しさを感じていらっしゃるみたいですが・・・

ん~、そんなの普通だと思うんですが・・・

芸能界仲間といっても、全員後輩ですよね。

そんな人たちが、和田アキ子さんを呼びますかね?

だって、和田アキ子さんって、もう69歳らしいですよ。

どうですか?

現役とはいえ、69歳の大先輩を、飲み会に誘いますか?

普通の組織なら、そんなことは、まずありません。

芸能界って、特殊なんでしょうかね。

ある程度の年になっちゃうと人が寄ってこない。よっぽど努力しないと

孤独なんだそうです。

家に帰っても、旦那さんは寝てるし、1人で同じテレビを何回も見てるらしいです。

基本的に、人って、孤独ですよね。

特に、年齢が上がれば、その傾向は強くなると思います。

毎日毎日、誰かとつるまないと、心が落ち着かないって人は、何か足りないのかもしれません。

心が満たされていない・・・

努力して、人が寄ってくるようにするなんて、なにか、間違っているような気もするんですが・・・

そこまでしてでも、人と接していたいんでしょうか?

それこそ、『お小遣いあげるから・・・』なんてことにも、なりかねませんよね。

時間が止まっているじゃないか?

もしかしたら、和田アキ子さんって、時間が止まっているんじゃないでしょうかね。

『まだまだ、みんなと一緒!』みたいな感覚なんでしょうか。

年齢的にも、キャリア的にも、近寄りがたい存在です。

自分から身を引いて、若い人たちだけで、集まれるようにするのも、年長者の役割じゃないでしょうか。

それに気がついていないような気がします。

いつまでも、『自分が中心!』みたいな感覚ではいけないと思いますが・・・

サラリーマンでも、50代になれば、仕事の中心から外されることが多くなります。

僕みたいな、ポンコツサラリーマンなら、初めから中心にいませんので、なんとも思いません。

でも、今まで、自分が中心になって仕事を進めていた人からすれば、寂しさを感じてしまうのでしょう。

どこの世界でも、同じことが起こるわけですね。

最後に

リタイアが近くなるにつれて、孤独を楽しめるようにならないといけませんね。

『誰かと一緒じゃないと、楽しめない!』みたいな感覚だと、寂しさを感じてしまうようです。

サラリーマンなんて、会社を辞めたら、同僚との交流はほとんど無くなります。

僕は、会社を辞めて5か月ですが、連絡を取っているのは、数名しかいません。

来年の今頃は、1人もいないかもしれませんね。

まあ、それでも、僕は、なんともありませんが・・・

『孤独を楽しむ!』ってことも、アーリーリタイアには、大切な要素かもです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

極上の孤独 (幻冬舎新書) [ 下重暁子 ]

価格:842円
(2019/8/31 11:01時点)