老後資金をだまし取られないためには計画を立てる

 

こんにちは。たかです。

『老後2000万円問題』が出てから、老後資金をだまし取られている方も、多いんじゃないでしょうか?

『老後2000万円問題』とは、『65歳時点で、2000万円の資金がないと、老後の生活は苦しくなりますよ!』というものです。

まあ、国民全員に当てはまることじゃないんですが、こんなこと言われると、慌てる人も出てきますよね。

そこで、金融機関の口車に乗せられて、大損したひともいるんでしょう。

今日、こんな記事を目にしました。

『61歳一人暮らし、年金額が月9万円で老後が心配です』です。

年金額が9万円だったら、ちょっと、不安になりますよね・・・

こういった方が、もしかしたら、騙されているのかもしれません。

登場する方は?

この記事に登場するのは、61歳の独身女性です。

月の収入は約20万円で、年間75万円のボーナスがあるようです。

貯金は6900万円、投資に1840万円まわしているようです。

貯金と投資を合わせれば、8740万円あります。

ん~、十分な資産をお持ちのようですが・・・

支出は?

・住宅コスト:2万円

・車両費:2万5000円

・食費:3万円

・光熱費:8000円

・通信費:2000円

・趣味娯楽:3000円

・こづかい:3000円

・雑費:2000円

・保険:4万5000円

合計すると、約14万円くらいになります。

月の収入が20万円ありますから、毎月6万円ほど貯金が出来ています。

さて、こんな健全な家計ですが、老後の生活は苦しくなるんでしょうか?

老後資金で何歳まで生きれるか?

現在、61歳です。

仮に、今退職したとしたら、あと4年間は、貯金を切り崩して生活をすることになります。

月の生活費は14万円ですから、年間では、14万円×12か月=168万円が必要になります。

65歳まで4年間ありますので、168万円×4年=672万円を貯金から切り崩すことになりますね。

ってことは、65歳時点の貯金は、6900万円ー672万円=約6200万円になります。

65歳からは、年金が9万円ありますので、14万円ー9万円=5万円が不足になります。

年間では、5万円×12か月=60万円が不足しますので、貯金から、切り崩していきます。

そうなると、6200万円÷60万円=103年で貯金が無くなることになります。

え??

死ぬまでに、貯金を使い切れないですね・・・

投資で損をしている

この方は、6900万円の貯金だけで、生きていけるわけです。

それなのに、1840万円を投資にまわしています。

老後の資金に不安があるからなんだそうです・・・

しかしながら、その投資では、約300万円も損をしているんです。

・国内債券:300万円(5万円増)

・外国債券:810万円(50万円減)

・投資信託:355万円(47万円減)

・REIT:300万円(200万円減)

・外貨系の金融商品:75万円

老後に必要なお金の計算をしていないので、このような、無駄な投資で損をするんですね・・・

こういった、おじさん、おばさんって、多いんじゃないですかね?

『なんとなく不安だから、投資をして、資産を増やしておこう!』

『でも、やり方が分からないから、金融機関の人の言うとおりにしておこう!』ってなるんでしょうか?

挙句、だまされて、資産を失ってしまう・・・

ホントに、気をつけないといけませんね。

元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法

新品価格
¥1,650から
(2019/12/19 09:36時点)

最後に

我が家の息子もそうですが、お金の計算が出来ない人って、大変ですね。

ビックリするほど、どんぶり勘定です。

正確な数字を見ないで、感覚で動いています。

順序だてて考えていけば、そんなに難しいことではないんですがね・・・

アーリーリタイアを目指している方は、こんなこと起こらないと思いますが、無駄な投資は避けたほうがいいですね。

生きていけるだけのお金があれば、それで、十分だと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。