年金の繰上げ受給、繰下げ受給を知らない人が多いらしい。大丈夫か?

 

こんにちは。たかです。

年金に関する問題って、まだまだ話題になっていますね。

『年金制度は崩壊してる!』なんて方もいらっしゃいますし、『年金は100年安心!』って言ってる政治家もしますし・・・

さて、どれがホントなんでしょうか?

誰でもいいんで、ホントのことを教えてほしいですね。

『今は、こうですけど、将来的には、こうなりますよ!』みたいな感じで、教えてほしいです。

安倍さんは、今のことしか言いませんからね・・・

年金制度を知っている人はどのくらいなのか?

さて、話は変わりますが、小泉進次郎さんが、こんな事を言っていました。

『私は講演会でよく年金の話をする。「いまの年金は、60歳から70歳の間で受給開始年齢を選べる制度ですが、皆さん、知っていますか」と問うと、手を挙げる人は半分以下だ』と。

アーリーリタイアを考えている方は、年金制度や社会保障制度に関しては、ある程度、勉強されていると思います。

ですが、ほとんどの方は、年金制度について知らないみたいです。

さらに、小泉さんは、こんなことも言っています。

『さらに「60歳で受け取り始めると、標準の65歳受給開始時より年金額は3割カット、逆に70歳まで受給を繰り下げると42%アップします」と話すと、それを知っているのはさらにその半分以下、ひどいときはゼロだ』って。

そりゃそうですよね・・・

繰上げ受給や繰下げ受給の制度自体を知らないのに、何%カットされるかとか、何%アップするかとか、知るわけありません。

まあ、こんな状況なんで、金融庁から『老後は2000万円足りませんよ!』っていきなり言われたら、慌てるわけですよね。

年金では生きていけないと知らせるべき

今の若い人は、どのくらい年金のことを理解しているんでしょうか?

ちなみに、我が家の子供たちは、さっぱり理解していません。

『年金って、もらえないんでしょう?』くらいのレベルです。

『年金もらえなかったら、どうするの?年寄りになった時に、生活できるの?』って、娘に聞いてみたことがあります。

そしたら・・・

『貯金するしかないんでしょ?』だって。

そこで、『じゃあ、いくらあったらいいの?』って聞いてみたんです。

そしたら、思わぬ答えが返ってきました。

『1億円くらいあったらいいかな?』って。

適当に答えたんでしょうが、まあまあ良いラインでしょうか?

『1億円も貯金できるの?サラリーマンって、一生で稼ぐお金って、2億5千万円くらいだよ?半分弱も貯金できるの?』って聞いてみました。

そしたら、『えっ、そうなんだ~、どうしよう?もう、外国に行った方がいいかな?』だって。

子供の方が、頭がやわらかいですね。

もう、日本を捨てる気満々でした・・・

最後に

年金だけでは暮らせない。

かといって、貯金だけでも無理。

だったら、どうするのか?

親が教えないといけないことかもしれませんが、こういった経済的なことも、学校で話題になるくらいになればいいですね。

そしたら、もっと、政治とか経済とかに興味をもつ子供たちが、増えていくんじゃないでしょうか?

ちなみに、我が家の子供たちには、『投資』と『副業』を勧めています。

しかも、副業はひとりでやる仕事です。

たまに、副業を本業より優先する人を見かけます。

それは、副業のお客さんから、急ぎの仕事を頼まれたり、クレームを受けたりして、そちらに時間を取られているケースです。

なので、副業は、自分のペースで出来る仕事を選ぶべきです。

あれ、脱線してしまいました・・・

今回の選挙で、年金制度が『争点』ではなく、『話題』になってほしいですね。

そして、国民にホントのことを教えてほしいと思います。

年金制度は、政治家だけで変えるのではなく、国民全員で変えていくべきだと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。