入社してもすぐに辞める若手が多い。理由は『あんなふうになりたくない』

 

こんにちは。たかです。

今日は、4月1日ですので、多くの企業で『入社式』があったと思います。

そういえば、僕も26年前、勤めていた会社の入社式に出た記憶があります。

まだ、若くって、『これから頑張るぞ!』みたいな、やる気に満ち溢れていました。

まあ、26年も経てば、そんなもの、どっかに行ってしまいましたが・・・

ですが、入社して、数年で辞めていく社員を、たくさん見てきましたし、理由も聞いてきました。

こんな記事を目にしました。

『就職超人気企業から若手社員が続々離脱しているのはなぜか』です。

僕が勤めていた会社は、超人気企業ではないんですが。

先輩たちを見ていると、あんな風にはなりたくない

これが、若手社員が転職していく理由なんだそうです。

この記事の中に書いてありました。

実は、僕が勤めていた会社でも、若手社員が同じことを言っていました。

彼は、こう言ったんです。

『十数年後に、先輩方のような目をしながら、仕事をしたくないんです』って。

彼からすると、先輩たちは、みんな目が死んでいたそうです。

ん~、そうかもしれません・・・僕も含めて。

さらに・・・

『仕事をしたふりをしていればいい。そんなのは仕事じゃない』って。

若手社員に、完全に見抜かれていましたね・・・

先輩社員は、仕事をしたふりをしているだけ。

なんにも、仕事をしていない。

ん~、これまた、その通りって感じでした。

なぜ、先輩社員は、こうなるんでしょうね?

全員とは言いませんが・・・

心屋流ちょっと変わった夢の叶え方/心屋仁之助【1000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2019/4/1 19:10時点)

個人の裁量は無いに等しい

これは、完全に僕個人の見解です。

大きな会社になればなるほど、自分の裁量ってなくなります。

本部が出してくる方針や戦略に基づいて、指示事項が下ろされてきます。

末端の社員は、それを確実に実行するのみ。

ほとんど、ロボットと同じです。

AIが普及したら、AIの方が、僕らよりも有能かもしれません。

ですが、会社って所は、指示したこと以外は、どうでも良いんです。

『余計なことするな、まず、やれと言ったことをやれ!』

これが、本音だと思います。

各個人が考えて行動するよりも、本部で練った作戦の方が、正しいと思っているんです。

そこが、大間違いなんですが・・・

仕事がつまらなくなる

指示されたことだけやっていれば、やる気なんか無くなります。

だって、仕事がおもしろくありませんから。

そのうち、死んだような目つきで、仕事をするようになる。

それを見た若手社員は、『ここにいたらヤバイ、早めに辞めよう』ってなる。

当然ですよね。

特に、優秀な人ほど、早めにいなくなりました・・・

最後に

『入社してすぐに会社を辞めるなんて、忍耐が無い!』なんてことを耳にします。

ある意味では、正解だとおもいます。

ですが、早めに見切りをつけるのも、良いことだと思います。

だって、時間がもったいないですからね。

僕個人の意見では、3年はやってみてもいいんじゃないかな?って思っています。

3年やって、『こりゃダメだ』って思えば、変わったほうがいいと思います。

いずれにしても、自己責任ですから、後悔しない様にしてほしいものです。

毎日が、明るく・楽しく・優しく・感謝して生きれる道を、選択するのが幸せではないでしょうか。

これが、僕の判断基準です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。