今年も暇な1年になりますように!

 

あけましておめでとうございます。たかです。

2020年が始まりました。

こんな僕だって、サラリーマンの頃は、元旦くらいは、仕事に対して、ちょっとだけやる気を出していたものです。

『よーし、今年こそ頑張るぞー!』なんて。

まあ、そんなやる気も、長続きはしません・・・

そのうち、『あ~、もう少しで、休みが終わるな・・・』みたいな感じになっていましたので。

そして、うつ状態になっていくわけです・・・

ですが・・・

アーリーリタイアしてしまうと、そんなやる気すら起きません。

では、何を思っているのか?

ちょっと、書いてみたいと思います。

暇な1年でありたい

今の僕の率直な思いです。

暇な1年・・・

暇が嫌いな人からすると、『コイツ、バカじゃないか?』って思われるかもしれませんね。

でも、僕は、暇って大好きな言葉です。

では、暇って何なんでしょうか?

一般的には、『することがない状態』のことなんでしょうが、僕の解釈は、ちょっと違います。

暇とは、僕はこう思うんです。

トラブルがない

暇とは、ネガティブなことが発生していないってことです。

昨年末、息子の多重債務が発覚して、暇どころではありませんでした。

息子の家に行ったり、お金の工面をしたり。

それから、『借金、返しただろうか?』なんて、心配したり。

もう、こんなトラブルは、今年は起きてほしくないですね。

トラブルがなければ、心が沈んだり、落ち込んだりすることはありません。

ってことは、暇になれば、心が安定するんです。

楽しいこともない

ですが、反面、暇とは、楽しいことも発生しません。

楽しいことがあると、暇ではありませんからね。

毎日、毎日、心がウキウキするようなことが起きればいいんですが、普通は、そんなことありません。

仮に、楽しいことが毎日起きたとしても、それに慣れてしまいます。

そして、次第に、楽しくなくなります。

なので、楽しいことが起きるなんて、期待しない方がいいです。

楽しいことは、たま~に起こるからいいんです。

それよりも、楽しいことはないけどトラブルもない。

僕は、こういう生き方の方がいいですね。

やらないといけないことがない

暇とは、やらないといけないことがありません。

やらないといけないことがある時は、暇だとは感じません。

僕の場合、やらないといけないことがあると、心が落ち着きません。

極端な話、手帳にスケジュールが埋まっていると、心が暗くなっていきます。

出来れば、『今日は何もしなくていい、明日も何もしなくていい』

こんな状況が、僕にとっては、最高の環境なんです。

だから、僕は、暇になりたいんですよね・・・

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

最後に

2020年、1発目の記事なのに、かなりネガティブなことを書きましたかね・・・

ですが、僕の本心です。

トラブルのない1年にしたい。

楽しいことは、そんなに起きなくていいから。

何ごとも起きない日々が、どれだけ、しあわせなことか・・・

僕は、会社を辞めてから、そう考えるようになりました。

2020年も、皆様にとって、トラブルのない平穏な年になることを、心よりお祈りしております。

また、お時間があれば、このブログも見に来ていただけるとうれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。