もしかして老後に必要なお金を計算できない人が多いのかな?

 

こんにちは。たかです。

アーリーリタイアを計画している人には、こんな人はいないと思いますが・・・

もしかして、世の中には、『老後に必要なお金』の計算が出来ない人が、多いんじゃないかと思いました。

今日、こんな記事を目にしたんです。

『50歳パート収入7万円。遺族年金では家計が赤字で老後が心配』です。

タイトルを見る限り、『かなり、生活に困っているのかな?』って思いますよね。

実際、将来のことが不安で疲れ切ってしまい、家に閉じこもっているらしいです。

そんなに厳しい家計なんでしょうか。

登場する方は?

この記事に登場する方は、旦那さんを亡くされた50歳の女性です。

50歳といえば、まだまだ、元気ですよね。(僕も50歳です)

大学3年生のお子さんがひとり、いらっしゃるようです。

収入は、パート代で月に7万円、遺族年金+中高齢寡婦加算で12万8000円です。

合わせれば、19万8000円になります。

さらに、旦那さんの死亡退職金が、2800万円もらえるそうです。

ちなみに、貯金は約7000万円あるようです。

凄くないですか・・・

支出は?

・住宅コスト:3万2000円

・食費:5万5000円

・光熱費:1万3000円

・通信費:9000円

・教育費:13万円

・こづかい:1万2000円

・保険:5600円

合計すると、約26万円くらいになります。

おっしゃるとおり、収入が約20万円ですから、月に6万円ほど赤字になっています。

ですが、この家計簿を見て、みなさんは、不安で家に閉じこもってしまいますか?

使い切れないかも・・・

単純に、資産だけでいくらになりますかね?

死亡退職金が2800万円、貯金が7000万円ですから、合わせて9800万円の資産が出来るわけです。

一方、支出は現在26万円くらいですが、教育費が終われば、13万円で済みます。

あと1年で、お子さんは卒業されます。

ってことは、年間で13万円×12か月=156万円あればいいわけです。

すべての貯金を食いつぶそうとすれば、何年かかるでしょうかね?

9800万円÷156万円=約62年かかります。

現在、50歳ですから、112歳まで生きなければいけません・・・

しかも、65歳から年金が入ってきます。

予定では、月に14万5000円ほどあるそうです。

これだけでも、生活出来ますよね。

もしかしたら、この女性、7500万円くらい、使わないまま死んじゃうかもしれませんよ・・・

銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識

新品価格
¥1,512から
(2019/12/17 11:53時点)

最後に

単純な計算なんですが、『老後に必要なお金』の計算ができない人って、意外と、多いんじゃないですかね。

僕の妻も、こんな感じです。

なので、過度に将来のお金に対して、不安を抱くんじゃないでしょうか?

そして、『もしかして、足りないかもしれないから、死ぬまで働こう!』みたいな感じになるんでしょうね。

なんだか、もったいないような気がします。

実際、この女性も、『老後のお金をどう貯めたらいいか?』で疲れ切っていたみたいです。

もう、既に、使い切れないくらい貯まっているのに、まだ、貯めようとしていたんです。

おそらく、『将来、何が起こるか分からないから、貯めれるだけ貯めよう!』って思っていたんでしょうね。

今の時間を大事にしないで、将来のことばかり考える。

これは、あまり良いことではありません。

逆に、将来のことを考えないのも、良くないですけどね。

今という時間を楽しみながら、最低限の将来への対策をしておけば、それでいいんじゃないですかね。

それでも、もし、対応できないことが起きれば、誰かに頼るしかないでしょう。

子供なのか、親戚なのか、それとも、国なのか?

でなければ、一生、働き続けることになります。

せっかく生まれてきたんですから、自分のやりたいことに、時間は使った方がいいと思います。

残された時間は、そんなにないかもしれませんからね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。