政治家の人たちって、もしかしたら、コロナ対策に真剣に取り組んでないかも。

 

こんにちは。たかです。

毎日、毎日、テレビを見ていても、コロナウイルスの話しばかりですね。

まあ、仕方ないんですが。

ところで、僕だけじゃないと思うんですが、ちょっと、気になることがあります。

ニュースなんかで、官邸の会議の場面を放送していますが、みなさん、見たことありますか?

安倍さんを中心に、机の両サイドに閣僚の方々が、ズラッと並んでいます。

その後ろに、官僚の方なんでしょうか?

ギッシリと並んで座っています。

ほとんど、隙間はありません。

その中で、安倍さんが、しゃべっているんです。

しかも、マスクなんかしていません。

まさしく、密閉・密集・密接な会議です。

危機感がない

いままで、ずっと、あの形で会議をしてたんでしょう。

なので、今も、同じ事をやっているんでしょうが、誰か気がつかないんですかね?

『この会議体は、感染のリスクが高い!』って。

あるいは、気がついてはいるが、『感染するはずがない!』とでも、思っているんでしょうか?

きっと、コロナウイルスに対する危機感が無いんだと思います。

口では、外出自粛だの一斉休校だのって言っていますが・・・

だから、お肉券とかお魚券みたいな、幼稚な案しか出て来ないんじゃないですかね。

みなさんは、どう思いますか?

若者にも伝わらない

今の若い人には、どうやら、コロナウイルスの危険性が伝わっていないようです。

これも、政治家さんのメッセージの伝え方が悪いからだと思います。

もっと、真剣に自分の言葉で、事の重大さを伝えないといけないと思います。

『大変な局面です!』なんて抽象的なことを言っても、ぜんぜん、伝わっていませんからね。

ニュースを見ていたら、若い人がこんなことを言っていました。

『若いから、感染しても重症にならない』

『仮に感染しても、高齢者に接触しないので、感染させることは無い』

『だから、日曜日は友達の家で、飲み会をやる』だって。

完全に、自分のことしか、考えられていません。

もし、友達に感染させたらどうなるでしょうか?

もしかしたら、その友達は、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に住んでいるかもしれません。

そしたら、友達がおじいちゃん・おばあちゃんにコロナを移すかもしれないんです。

最悪、おじいちゃん・おばあちゃんが、死んじゃうかもしれないんです。

それでもいいのか?

友達のおじいちゃん・おばあちゃんを殺してもいいのか?

自分の取った行動が、どのようにつながっていくのかを具体的に話さないと、理解できない人が多いみたいです。

不要不急が分からない?

さらに、情けなかったのは、『不要不急って、どんな時か分からない』って言っていた事です。

これって、結構、多くの方が言っています。

『不要不急とは、こんな時です!』って、国が具体的に言わないと分からないんですかね?

自分で、判断できないんでしょうか?

僕は、『今やらないと命にかかる事』以外の事は、不要不急だと思います。

今やらなくても、死なないのであれば、今やる必要はないってことです。

かなり極端な考えかもしれませんが・・・

最後に

なんとなく、日本は、のんびりしているような気がします。

それは、政治家を見ていて感じることです。

イタリアのようになってもいいんでしょうかね?

日本も高齢社会です。

高齢者に広まったら、あっという間に、医療現場は大変なことになります。

そうなってからでは、遅いんです。

外国で何が起こっているのか?

同じことが日本でも、起こるかもしれない。

そうならない為にも、対策はしないといけないんじゃないでしょうかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。