医療費が上がったら老後資金は少なくて済むようになるかもしれない

 

こんにちは。たかです。

もしかしたら、医療費が上がるかもしれないんですね。

先月、後期高齢者の母親が入院したんですが、よーく計算してみると、安いですね・・・

支払った医療費を入院日数で割ってみると、1日あたり、約4000円で入院していました。

入院って、3食付きですからね。

しかも、クーラーは24時間ついています。

ホントに、我が家より快適な環境です(僕はクーラーなしでガマンしてました)。

1日4000円で泊めてくれるホテルって、あまり無いですよね。

あったとしても、かなりボロボロだったりして・・・

そう考えると、病院ってリーズナブルだと感心してしまいました。

ところが、今後はそうもいかないみたいです。

後期高齢者の医療費負担を2割へ

母親の医療費が安かった原因は、『自己負担が1割』だからなんです。

働いている方は、3割負担ですので、もし母と同じ治療を受けていたら、1日12,000円かかることになります。

これは、痛いですね・・・

ですが、今回、健康保険組合の団体が、後期高齢者の医療費の自己負担を2割に上げる提案をしたようです。

その理由は、団塊世代の方が2025年に75歳になるためです。

今のルールを放置しておくと、医療費が爆発的に増えてしまいますからね。

まあ、仕方がないことかもしれません。

自己負担を2割に上げることで、現役世代の負担は、500億円削減出来るんだそうですよ。

病院に行かなくなるのでは?

今の高齢者は、ちょっとどこか具合が悪いと、病院へ行きたがりますよね。

こんな言い方しては、いけないのかもしれませんが・・・

僕の母親なんか、5軒くらい病院に行ってますよ。

よく、通院日を忘れないなぁって感心します。

でも、医療費の自己負担が大きくなれば、ガマンするようになるんじゃないでしょうかね?

今まで払っていた額の倍は払わないといけませんから。

病気が見つからなくなる

ガマンして、病院に行かなくなると、病気の発見が遅れる可能性が出てきます。

たとえば、がんの発見が遅れる。

がんは早く見つかれば命は助かりますが、発見が遅れれば治療が困難になり、命を落とす可能性が出てきます。

もしかしたら、平均寿命が短くなるかもしれませんね。

ってことは・・・

老後資金も少なくっていいんじゃないですかね。

『人生100年』ではなくて、『人生75年』くらいなれば、僕の貯蓄でも寿命を全うできるかもしれません。

老後破綻改訂版 財政破綻で“年金難民”にならないための「7つの処方 (廣済堂新書) [ 岩崎博充 ]

価格:918円
(2019/9/11 11:46時点)

最後に

僕は、こう思っています。

『長生きするのは、幸せなんだろうか?』って。

僕の母親は、こう言っています。

『もう、この辺でいいんやけど、お迎えが来んね・・・』だって。

僕の場合、早期退職して、人より早く自由な時間を楽しんでいます。

ですので、人より10年早く逝ってしまっても、後悔しないかもしれない。

男性の平均寿命は81歳くらいですので、僕の場合、71歳で人生が終わっても良いかもです。

だったら、貯蓄だけで人生全うできるかな?

老後資金が少なくても、老後破綻しない方法は『病院にいかない!』ってことになりますかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。