月曜日が憂鬱にならない方法があるらしい。銀座のママのお言葉

 

こんにちは。たかです。

サラリーマンをやっていた時は、ホントに、日曜日がイヤでした。

もう、月曜日が来ると思うだけで、憂鬱で仕方がない。

こんな思いをするくらいなら、『休日なんかない方がマシだ』とも思っていました。

今思えば、かなり、病んだ生き方をしていたと後悔してます。

ですが、仕方がないですよね・・・どうしようも無かったわけですから。

今日、ネットでウロウロしていたら、こんな記事を見つけました。

『銀座のニューハーフママに月曜が憂鬱にならない方法を聞いてみた』です。

なにか、秘策でもあるんですかね?

まあ、もう僕には必要ないんですが、とりあえず、読んでみました。

あまり、期待しない方が良いですよ~

100%嫌だっていうことはあり得ない

日曜日が憂鬱になる原因には、『仕事がイヤだ』とか、『上司がイヤだ』とか、『同僚がイヤだ』とか、いろいろ人によって違いますよね。

多くは、人間関係が原因だと思います。

ママ曰く、『100%嫌だっていうことはあり得ない。嫌なことがある仕事生活でも、その中で楽しみを見出さないといけない』

このママが言うとおり、『100%イヤだ』ってことは無いと思います。

たまには、仕事で成功を収める時もあるでしょうし、同僚でも、気の合う人もいるでしょう。

一緒に飲みに行ったり、楽しい時間を過ごすことも出来ます。

ですが、イヤな事が100%ではなくても、80%だったらどうなんでしょうか?

仕事をやっている時間の80%がいやだったら。

楽しいことは、20%しかない。

耐えれますかね?

そんな時間を費やしていて、いいんでしょうか?

僕の場合は、仕事そのものがイヤでしたので、90%くらいはイヤでしたね。

残りの10%は、金曜日の夜が、楽しかったってくらいです。

その10%のために、耐えろと言うんでしょうか?

さらに、こう言われています。

『ツラいことがあっても、それは絶対に永遠には続かない』って。

ママの言うとおり、『永遠には続かない』ですが、じゃあ、あと何年続くんですか?

『このつらい状況は、あと、10年続きまーす!』って言われても、耐えれるんでしょうか?

毎朝1分読むだけ。モチベーションの教科書。憂鬱な月曜日とさようなら。10分で読めるシリーズ【電子書籍】[ MBビジネス研究班 ]

価格:323円
(2019/4/9 11:16時点)

つらい時間はいらない

僕の考え方は間違っているかもしれません。

ですが、こう思うんです。

『つらかったら続けられないし、つらいことから得られることはない』って。

つらいことを、何年も出来るなんて、信じられません。

マラソンだって、きつかった人が、1位になることはありません。

それから、『あれは、いい経験だった!』って感じれることは、つらかったことではなくて、楽しかったことです。

これは、僕の経験から発していることです。

最後に

毎日毎日、憂鬱な日々を過ごすことは、マイナスにしかなりません。

僕は、そんな環境から抜け出してみて、ホントによく分かります。

『つらくっても、ガマンしなければ』とか、『他のみんなは耐えているのに、自分は弱音を吐いてダメだ』とか、絶対に思わない方が良いです。

過度な『ガマン』は、必要ありません。

『もうダメだ』って感じたら、脱出するべきです。

そして、『やりたいこと』ばかり、やってみましょう。

なにが起こるか?

まずは、僕の人生を使って、実験中です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。