国会議員も組織に属していたいんでしょうね。N国党は自由でいいな。

 

こんにちは。たかです。

参議院選挙が終わってから、テレビで話題になるのは、『れいわ新撰組』と『NHKから国民を守る党(N国党)』ばかりですね。

まあ、それだけ、話題性があるってことでしょうか。

もっと、選挙前にも、いろんな党の報道をしてほしかったですね。

たしかに、吉本興業の話題の方が、視聴率取れたのかもしれませんが、残念でなりません。

他の野党の皆さんにも、がんばってほしいですね。

さて、いろんな問題を引き起こした、日本維新の会から除名処分を受けた丸山穂高衆院議員ですが、N国党に入党するそうです。

みなさんは、どう思いますか?

いろんな意見があると思いますが、個人的には、『そこまでして、国会議員になりたいのか?』って、思ってしまいました。

組織に入りたいんだろうな

このまま、丸山議員が無所属でいたら、おそらく、次の選挙では落選するでしょうね。

でも、政党に属していれば、生き残れる可能性があるので、入党したんだと思います。

さらに、無所属だと、国会で発言も出来ませんが、政党に所属していれば、それも可能になります。

まあ、国会議員といえども、1人では何もできない。

やっぱり、『どこでも良いんで、組織に属していたい』って言うのが、国会議員の本音じゃないでしょうか。

まだまだいるみたい

N国党からしても、人数集めをしていますから、丸山さんの入党は大助かりでしょうね。

これからも、いろんな人を勧誘しているみたいですが、僕からすれば、『訳アリ物件』を探している様にしか見えません。

パワハラ議員さんも、入党するかもですね。

ですが、N国党って、議員さんからすれば、いい政党かもしれません。

政策が1つしかない

N国党って、政策がNHKに関してしかありません。

他のことに関しては、なんにも考えていないわけです。

ってことは、国会議員それぞれが、いろんな意見を持っていてもいいわけです。

消費税に賛成か反対か?

N国党の中で、違う意見を持っていてもOKってことですよね。

これは、政党に属する議員としては、やりやすくないですか?

だって、『僕は、こう思うんです!他の議員は知りません』って、言い切っていいわけですから。

最後に

日本で働く人の9割以上は、『雇われ』なんだそうです。

どこかの組織に、属しているわけです。

これって、やはり、落ち着くんですよね・・・

無職になると、当然ですが、無所属になります。

なので、僕は、現在、無所属なんです。

無所属って、落ち着かない反面、自由であり、気ままです。

ですが、経済的には、不安定ですね。

これに耐えることが出来る人のみが、無所属で仕事を出来る人だと思います。

『組織にいることが大好き!』とか『みんなで力を合わせてやるのが好き!』って方は、組織から飛び出さない方がいいですよ。

どうせ、組織に戻りたくなるだけですから。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。