不幸だなって思わない時は、きっと幸せな時。上を見ないし夢もない。

 

こんにちは。たかです。

会社を早期退職してから、早くも4か月が経過しました。

毎日が淡々と過ぎ去っていきます。

朝起きて、愛犬の散歩をしながらゴミ拾い。

戻ったら、朝ご飯を作って、妻と朝食。

お昼になったら、妻を迎えにって、一緒に昼食。

お昼寝をしたら、夕方に愛犬のお散歩。

夜は、コンビニビールを1本飲んで、寝るだけ。

その合間に、ブログを書いている。

週に1回だけ、夜釣りに行くけど、10㎞程しか離れていない博多湾にしか行かないので、4~5時間で帰ってくる。

なんと、単調な毎日なんでしょうか・・・

おそらく、こんな生活だったら、退屈に感じる人もいるでしょうね。

楽しいことも無いがイヤな事もない

サラリーマン時代には、楽しいこともありました。

気の合う仲間と飲みに行ったり、カラオケ行ったり。

時には、キャンプや旅行にも行っていました。

今は、そんな刺激的なことは、まったくありませんが、会社を辞めたことに、後悔はありません。

逆に、イヤな事がまったく無い。

『これって、凄いことだなー』って、実感しています。

朝起きても、憂鬱になったことがありませんし、日曜日も苦痛になりません。

っていうか、曜日感覚が無いので、日曜日だという意識がなくなっています。

幸せは相対的ではなく絶対的なもの

2ちゃんねるの開設者、ひろゆきさんが、こう言っています。

『そもそも幸せは、相対的ではなく絶対的なものなので、収入や職業では決まりません』

『自分より下を見て幸せを感じられるかもしれませんが、上を見ても幸せは感じられないです』

『だから、上を見て比較してしまう性格や考え方は、人生にとって害悪でしかありません』

なんだか、負け犬の遠吠えのようにも聞こえますが、僕もそのとおりだなって思っています。

誰かと比較しないで、幸せだと感じることが大切だと思います。

ひろゆきさんは、こうも言っています。

『どんなに恵まれた人でも自分が不幸だと思えば不幸になれるので、毎日楽しく暮らしていると思っているかどうかという、気の持ちようの気がします』と。

夢がないなら自由

これは、お笑いの『みやぞん』が言った言葉です。

最初は、『えっ?』って思ったんですが、納得しました。

みやぞんさんは、こう言っています。

『夢があると夢に不幸にされることってあるよね』

『お笑いでテレビに出ることが夢だった』

『それのせいで苦しむ。売れてないのが苦しいってなっちゃう。かなうまでが不幸。だから夢を持たなくした。かなわなくていいから目の前のことを楽しもうと思った』

夢を持つことが悪いわけじゃありません。

夢に向かって、行動することは、素晴らしいことだと思います。

ですが、時として、その夢が自分を苦しめる。

これも、事実だと思います。

大事なのは、みやぞんさんが最後に言った、『目の前を楽しむこと』なんじゃないかと思います。

最後に

今、僕の周りで不幸なこともありません。

ちょっと、母親が入院していますが・・・

他の誰かと比べるものもありません。

なので、上をみることも、下をみることもありません。

比較することが無いんです。

ですので、きっと、今は幸せな時なんだと思います。

そして、目の前にある毎日を、淡々と生きている。

やりたいと思っていたブログ作成をやりながら。

サラリーマンを辞めると、こんなに楽なのか・・・

ちょっと、感じたことを書いてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。