お金少なくても大丈夫。会社を早期退職したらお金使わなくなるから。

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

会社を辞めた途端に、お金を使わなくなりました。

よく考えてみると、アーリーリタイアされた方のブログに、同じことが書いてあったんです。

まだ、会社にいる時は、『ホントかな?』って思っていました。

ですが、実際に自分がそうなってみると、同じようにお金を使わなくなっていました。

まあ、人付き合いや出歩くことが減りましたので、お金を使う機会が少なくなったことが原因かもしれません。

サラリーマンをやっていると、営業の途中にコンビニで買い物したり、同僚との飲み会があったりで、お金を使っていたと思います。

でも、それだけじゃないような気がしていたんです。

今は、妻とコンビニに行っても、『あれ買って!これ買って!』みたいな衝動買いはしませんからね。

そんな時に、『ホンマでっか!?TV』に出演している、脳科学評論家の澤口俊之さんが、こんな事を言っていました。

怒りを覚えると物を買いたくなってしまう

別に、サラリーマン時代に、怒りまくっていたわけじゃありません。

ですが、ストレスを抱えていた事には間違いありません。

澤口さんによれば、『イライラした時にストレス発散として衝動買いをしてしまうのは、怒りを鎮めるために脳が適切に作用しているため』らしいです。

ん~、たしかに。

ストレスが大きくなった時には、1人で飲みに出かけていたような気がします。

なぜだか、高級居酒屋でおいしいお刺身なんかが、食べたくなっていたんです。

もしかしたら、ストレス発散で、脳が『贅沢しろ!うまい魚を食え!』って命令していたのかもしれません。

退職したらビール1本

退職前は、家でビールを飲むにしても、1本では済みませんでした。

少なくとも、2本は無いと満足しない。

ところが、今は、1本飲んだら、満足なんですね。

もう1本飲もうとは思いませんし、毎日飲まなくてもOKな体になってしまいました。(良いことかな?)

ホントに、物欲みたいなものが、少なくなったような気がします。

ってことは、『ストレス』や『怒り』が、サラリーマン時代に比べて、少なったってことでしょうかね?

脳が過労状態

もう一つ、物欲が低下する原因があるそうです。

それは、『脳過労状態』らしいです。

この状態になると、購買意欲が落ちるんだそうです。

この『脳過労状態』になる原因が、『スマホ』みたいです。

サラリーマン時代には、仕事のことしか考えていませんでした。

しかも、営業活動がメインでしたので、脳を使うより体を使うことが多かったです。

そのため、『脳過労状態』にはなっていなかったと思います。

今は、1日中、パソコンやスマホを見ていますので、『脳過労状態』になっているかもしれませんね・・・


お金を使わない一番の原因はこれかな?

なんだかんだ、お金を使わなくなった原因を書いてきました。

が、一番の原因は、これだと思います。

それは・・・

『お金がない、お金に不安がある』です。

要するに、仕事を辞めてから、収入がガタ落ちですので、お金に不安があります。

しかも、所持金も少ない。

だから、使っていないだけ。

最後に

想像以上に、会社を辞めたら、お金を使わなくなりました。

これから、仕事を辞めて、リタイア生活をしようとしている方!

安心してください!

普通に生活するだけなら、そんなにお金は使いませんから。

といっても、気を緩めたらダメですけどね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。