50歳で月収16万円。貯金6万円。どうやって生活していくのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『50歳月収16万円、月1万の貯金。妻は体が弱く働けない』です。

月収16万円で貯金は6万円。

奥さまは体が弱く、働くことも出来ません。

もし、この状況なら、どうしますか?

ちょっと、考えてしまいました。

登場するご家庭は?

旦那さん50歳、奥さま40代、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は16万円です。

ボーナスはありません。

年収にすれば、250万円弱って感じでしょうか?

貯金は、6万円しかありません。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:4万500円

・クレジット返済:1万円

・車両費:4000円

・食費:4万円

・光熱費:1万9000円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:6000円

・雑費:1万4000円

・保険料:2000円

・税金:5000円

合計すると、約16万円になります。

月の収入は16万円ですから、貯金は出来ないですね・・・

奥さまは体が弱いらしいので、仕事は出来ないみたいですし。

さて、みなさんなら、どうしますか?

生活費の見直し

まずは、生活費をカットしないといけませんよね。

通信費の2万円は、ちょっと、多いように思います。

通信費の中身は、こんな感じです。

・インターネット月4200円
・固定電話2000~3000円
・携帯電話2人で約9000円
・テレビ受信料4400円

携帯電話を持っているんですから、固定電話は必要ないですよね。

さらに、もしパソコンが無いのであれば、ネット環境もいらないかも。

そうすれば、6000円くらいはカット出来ます。

次に、雑費です。

月に1万4000円を使っているんですが、この中には、『サプリメント代:4000円』が含まれているようです。

サプリメントを買っている状況ではないですよね。

これをやめれば、4000円カット出来ます。

最後に、食費です。

我が家でも、4万円になることはありません。

あと1万円はカット出来るかもしれませんね。

すると、6000円(通信費)+4000円(雑費)+1万円(食費)=2万を捻出することが出来ます。

働けないか?

奥さまは体が弱いようですが、まったく動けないのか?

お金を稼ぐ方法は、いろいろあると思います。

たとえば、家でブログを書いて稼ぐことだって出来ます。

仮に、月5000円でも稼げれば、生活費の足しになります。

その他、家の中で出来る仕事ってあると思います。

月に数千円でもいいので、稼げると楽になると思うんですが。

投資してみたら?

あまり現実的じゃありませんが、仮に、月2万円を投資にまわしたとします。

利回り5%で運用出来たとしたら、10年後には、約310万円の資産になります。

ただ貯金するだけなら、240万円にしかなりません。

その差は、70万円です。

このご家庭にとって、70万円ってかなり大きいですよね。

もし、旦那さんが65歳まで働いて、投資を続ければ、約500万円まで資産を増やすことが出来ます。

少額でもいいので、貯金を増やし、投資にまわしてみるのもいいかもしれません。

最後に

ですが、最終的には、老後破産してしまうかもしれませんね・・・

旦那さんが、何歳まで働けるか?

もし、働けなくなったら、破産してしまいます。

そうなれば、国の支援を受けるしかないですね。

今後、こういった人が増えるかもしれません。

日本は、さらに不況になっていくかもしれませんから。

不況になれば、仕事は少なくなります。

仮に、仕事に就くことが出来ても、安い賃金で働くことになります。

しかも、税金は上がる一方・・・

働いても、働いても、生活できない。

そんな時代になるかもしれません。

そんな風にならない為にも、新しい政権には、しっかりとした経済対策をやってほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。