僕の機嫌を悪くすること・・・妻のなにげない一言にどう対応するか。

 

こんにちは。たかです。

僕のサラリーマン時代は、とにかく、不機嫌極まりないって感じでした。

朝おきてから、いきなり、憂鬱でしたし、事務所についたら不機嫌になってします。

そんな自分がイヤで、仕方ありませんでした。

ですが、自分ではどうにもできなくて・・・

無理に、上機嫌にしようとしても、いつのまにか、不機嫌に逆戻り。

そんな、毎日を過ごしておりました。

なんとなく、ご理解いただける方も、いらっしゃると思いますが。

結局、会社を早期退職しまして、いまのところ、毎日、上機嫌で生活しています。

ところがです。

そんな僕を、不機嫌にしてしまうことが、時々、発生するんです。

それは、『妻のなにげない一言』です。

これは、退職直後の出来事です。

なんで窓閉めてんの?

僕は、妻がアルバイトに行ってから、自分のやる事が終わったら、図書館に行くことがあります。

外出する時は、普通、戸締りしますよね。

僕も、その時、ちゃんと家の鍵を全部閉めて、外出しました。

当然、窓も閉めていきました。

その出来事が起きた日は、お天気がよくって、気温も上がっていました。

暑がりの妻が家に帰って来たときに、僕は、戸締りをした窓を閉めたままだったんです。

そしたら、妻が一言、『なんで窓閉めてんの?暑いやろ!』って。

そのあと、窓をかなり強い力で、『バーン!!』って開け放ったんです。

そして、一言、『あ~、もう!』だって。

今まで、ご機嫌だった僕も、『なんだ、その態度。窓くらい開けりゃいいだろ!』って、思ってしまいました。

妻の言いたい放題を直せなかった

今まで、そんな時って、『そんないい方しなくってもいいじゃないか!』って、僕も怒っていました。

でも、それでは、妻を変えることは出来ないみたいですね・・・

妻は、頭に浮かんだことを、すぐ口に出してしまうタイプなんです。

それ自体は、悪い事ばかりだとは思いません。

ただ、『もう少し、やさしい言い方ってないのかな?』って、思うわけです。

その出来事依頼、妻への対応を変えてみました。

どう変えたか?


あやまる

反撃するんじゃなくて、『あやまる』ことにしました。

たとえば、『ごめんね。気がつかなくて』みたいな感じです。

そしたら、最近、妻が、切れなくなったんですね・・・

だいぶ、心がおだやかになったような気がします。

たまたまかもしれませんが・・・

最後に

夫婦って、なかなか気を使いますね。

ですが、僕が上機嫌で生活するためには、妻の言動を変える必要があります。

その一つの方法が、『戦わない』『あやまる』『ありがとうって言う』です。

もし、奥さんの言動を何とかしたいと思っている方がいらっしゃれば、一度おためしあれ。

何か、変わるかもしれませんよ。

これからも、明るく・楽しく・やさしく・感謝して生きていきたいです。

『ありがとう』は、僕にとって魔法の言葉かも・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。