アーリーリタイアに対する僕の考え方

 

こんにちは。たかです。

先日、ネットをウロウロしていたら、アーリーリタイアに対して、こんなことを言っている方がいました。

『アーリーリタイアして、毎日、こんな生活して楽しいのか?』って。

こんな生活とは、どんな生活なのか?

それは、『昼間はテレビ・DVDを見たり、ゲームをしたり、あとの時間は、ご飯を食べているか寝ているだけ』

たしかに、こう見てみると、楽しそうじゃないかもです。

ですが、人によっては、これが最高なのかもしれません。

僕の場合は?

僕は、49歳で会社を辞めて、仕事はしていません。

昼間は、テレビを見ているか、ブログを書いているか・・・

まあ、そんな感じです。

たしかに、楽しくはないですね。

ですが、つらくないんです。

では、なぜ、僕が会社を辞めたのか?

それは、『つらいことから脱出したかった』から。

ただ、それだけです。

仕事が死ぬほどつらかった・・・

もし、仕事を続けていたら、幸福感なんか、感じなかったでしょう。

でも今は、仕事を辞めただけで、幸福感を感じます。

別に、楽しいことがなくても、十分、しあわせですね。

楽しさの裏にはつらさがある

僕は、こう思っています。

『楽しいと感じるには、つらいことをやらないといけない』って。

僕は、その『つらいこと=仕事』を避けているんです。

ですから、楽しいことがなくても、仕方ないと思っています。

つらいことを経験しているから、その次にやってくる楽しいことが、より一層、楽しく感じるんですね。

つらい事をやっていないと、楽しいことがやってきても、あまり楽しいとは感じません。

もしかしたら、僕だけかもしれませんけど・・・

人それぞれでいい

どんな人生を歩むのかは、自由だし、自己責任だと思います。

『つらいことを経験しないと、人生おもしろくない!』って思う方は、つらい経験をしたらいい。

『つらいことはしたくない!』って方は、つらいことをやめてしまえばいい。

ただし、楽しいこともやってこないし、人生おもしろくないかもしれない。

さらに、仕事をしないってことは、お金も入ってきません。

それに対する対策もしないといけません。

当然、年金も少なくなります。

でも、これって全部、自己責任です。

これされ出来れば、別に、自由に生きてもいいんじゃないですかね。

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

最後に

お金って、最低、生きていけるだけあれば十分です。

質素な生活をしていると、どんどん、使わなくなります。

でも、そんなに窮屈には感じません。

働いて収入があると、つい、使っちゃうんです。

それって、ある種、クセなんです。

そのクセを直せば、お金を使わなくても、普通に生活できるようになります。

『お金がないと、生活出来ない!』って、決めつけてしまうことは無いと思います。

でも、最低限のお金は必要ですよ。

その金額は、人それぞれですけどね。

お金のために仕事をするのではなくて、自分のために、仕事をすることが出来るようになればいいですね。

そしたら、きっと、仕事も楽しくなるんでしょうが・・・

サラリーマンでは、なかなか、難しいことかもしれません。

この年末年始に、自分の人生設計をやってみてみるのも、いいかもですよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。