娘の夏休みが無くなった。それが原因で急浮上してきたこと・・・でもなぁ

 

こんにちは。たかです。

先日、娘の通っている専門学校から、こんな連絡があったそうです。

『夏休み無し!』だって。

まあ、予想されていた事なんですが、いざ、こんな通知をされるとガッカリですよね。

娘も、『あ~、やっぱりね・・・でも、仕方ないかな』って。

娘は、専門学校の最終学年になります。

ってことは、学生最後の夏休みが無くなったわけです。

ですから、ガッカリする気持ちも分かります。

今が、夏休みの代わりになるんでしょうが、どこにも行けませんし・・・

しかも、1日に数時間のオンライン授業は行われていますので、夏休みの代わりにはなりえません。

ちょっと、可愛そうですが、どうしようもないですね・・・

さらに、夏休みが無くなったことで、あることが急浮上してきました。

それは・・・

妻の実家に里帰り

今年のゴールデンウィークは、コロナの影響もあるので、妻の実家に帰るのは、取りやめにしていました。

ところが、夏休みが無くなることで、娘は、妻の両親(おじいちゃん・おばあちゃん)に会うことが出来なくなります。

まあ、冬休みもあるんですが、その時期は、国家試験に向けて勉強しなければいけません。

なので、冬休みは、缶詰状態で勉強しないといけないようなんです。

ってことは、学生時代に、妻の実家に戻ることは出来ません。

社会人になれば、そんな時間は取れないでしょうし。

そんな感じなので、娘が、こんなことを言いだしたんです。

『学生最後に、おじいちゃんたちに会っておきたい!』って。

さて、どうしたものか?

船で帰る?

妻の実家は、四国なんです。

九州から移動するとすれば、『船か車か?』ってことになります。

妻曰く、『船なら、甲板にずっと出ていれば、人と接触することないかも・・・』って。

でも、当日、雨でも降ったら、そうはいきません。

たださえ、小さな船ですから、もし、乗船客が多ければ人との接触の機会も増えてしまいます。

ん・・・ちょっと、不安ですかね。

ならば、車で移動はどうか?

ずっと車で移動すれば、人に会うことはありません。

会うとしても、高速道路のパーキングくらいでしょう。

ですが、今度は交通事故の可能性があります。

なにしろ、車の運転に不慣れな二人ですからね・・・

しかも、娘は、まだ、免許を取ったばかり。

ちょっと、こわいかな・・・

最後に

妻の里帰りが、不要不急に当たるのか?

悩ましいところです。

娘としては、『どうしても会っておきたい!』と言っていますので、願いを叶えてあげたいんですがね・・・

妻も悩んでいるようです。

『別に、おじいちゃんたちに会わなくっても、死ぬわけじゃないしね』

『それよりも、コロナを感染させてしまうリスクの方が怖いし・・・』

『でも、じい・ばあも高齢だしね・・・いつ死ぬか分からないし』

『もし、急死なんかしたら、娘も後悔するだろうしなぁ・・・』って。

なんとも、悩ましい問題が出てきました。

あと数日、娘と話をしてから、決定したいと思います。

ホントに、1日でも早く、コロナウイルスが終息してほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。