な・な・なんと・・・息子が多重債務者に

 

こんにちは。たかです。

恐れていたことが起こってしまいました・・・

昨日、息子から連絡があり、借金が返せないと。

しかも、裁判所から、通知が来たそうなんです。

かなり、追い込まれています・・・

『ん~、こうなるんじゃないか?』と思いながら、いろいろと手を尽くしてきましたが、ダメでしたね。

こんなこと、ブログに書くのも、親としてどうかと思いますが、誰かに言わないと僕の方が潰れてしまいそうな心境です・・・

少しの間、お付き合いください。

借金の額は?

ハッキリと、いくらあるのか、息子も分かっていないようです。

こんな感じですから、借金するんでしょうね。

おそらく、約200万円くらいあると思われます。

お金を借りているのは、ア〇ムとか有名なところのようです。

全部で、3社くらいから、借りているみたいなんですよね。

では、どうして、借りてしまったのか?

息子曰く、『友だちの借金の肩代わりをした』と言っていました。

人の借金を返すために、自分が借金するなんて、僕には理解できないんですがね。

もし、ホントなら、相当なおバカさんです。

返済出来ているのか?

ダブルワークをして、返しているようですが、元金は減ってないみたいです。

利子ばかり返しているようです。

しかも、返済したあと、食事などの生活費は、ほとんど残らない様子。

さすがに、ギブアップしたんでしょうかね。

でも、どう対応したらいいか?

妻と二人で悩んでおりました。

仕方がないので、知り合いの弁護士さんに、相談してみました。

そしたら・・・

自己破産が濃厚

いろいろと債務処理について、教えてもらいました。

ですが、息子の申告を信じると、あまりにも収入が少ないので、返せる目途がたたないんですね。

そうなると、残されるのは、『自己破産』しかないようです。

ん~、仕方ないのかな・・・って感じです。

そこで、その弁護士さんから、ひとつだけアドバイスがありました。

『親が肩代わりするつもりなら、地獄まで付き合う覚悟はしてくださいね』って。

なんと、恐ろしい言葉・・・

要するに、『親が借金を返したとしても、また、子供は借金をする』ってことのようです。

しかも、その額は、どんどん増えていくようです。

僕は、初めから、肩代わりするつもりはないんですがね。

本人のためにならないと、思っていますので。

寄り添うしかない?

今のところ、『弁護士さんのところに、相談に行こう!』と説得しています。

ですが、本人も既に相談したらしく、自己破産の可能性を言われたそうなんです。

ですが、ご本人は、『自己破産はしたくない!』の一点張りです。

理由は、意味不明です。

ですので、『これ以上、弁護士さんに相談しても、意味がない!』って言っています。

ん~、どうしたものか?

本人に、現状の厳しさが、理解されていないようです。

最後に

息子も21歳です。

子供は子供、親は親、と割り切って考えています。

ですが、そう簡単じゃないですよね・・・

かなり、心配です。

でも、本人に、借金の自覚が乏しいと僕は感じています。

今、ここで助けてしまっては、また、繰り返してしまう。

これ以上、息子が苦しむことが無いようにしてあげたい。

その為には、『鬼になって、自分で処理させるしかないのか?』とも思っています。

本人が、再起する気持ちにならないと、前に進まないんでしょうかね。

暗い気持ちのまま、年越しを迎えるかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。