息子は無職です!みなさん、ぼう然・・・早期退職者は貴重な存在?

 

こんにちは。たかです。

今日は、非常に疲れました。

昨日、母親が階段から落ちまして、股関節骨折の可能性があるとの事で、別の病院でMRIを撮ってもらいました。

朝、早くから家を出まして、MRIの予約をした病院へ向かいました。

受付してから、会計が終わるまでに、約2時間。

長いですね・・・待っている方は。

何もすることありませんので、ウロウロしていました。

すると、通路に自動血圧測定器がありましたので、使わせてもらいました。

108/67でしたので、血圧は問題無さそうです。

会社を辞めて、ストレスが無くなったので、かなり数値は改善しましたね!

その病院では、MRIを撮ってもらうだけで、診察はしてくれません。

ですので、MRIのデータをもらって、そこから、昨日診断してもらった病院へ、再受診です。

まあ、結果的には、股関節は骨折してなかったんですが、別のところにヒビが入っていました。

先生からは、『ん~、入院して安静ですね。2週間くらいはベッドの上で、生活してください』って。

内心、『大きな骨折じゃなくて良かった。さらに、入院までさせてくれるなんて・・・』って、安心しました。

もし、入院できなかったら、僕がずっと家で介護しないといけませんからね・・・

治癒したらどうするか?

いろいろと入院の手続きなんかをして、最後に、病室でお医者さんや看護師さんと話をしていました。

その中で、お医者さんから、こう言われました。

『ヒビが治ったら、リハビリして退院になるけど、その後は、家に帰ってもひとりだよね。ちょっと、心配だね』って。

お医者さんは、再度転倒して、再骨折するのを心配していたようです。

そしたら、母が、こう言い放ったんです。

『先生、大丈夫ですよ。うちの息子、無職で家にずっといますから』って。

すると、まわりは『・・・・』みたいな状態です。

お医者さんも看護師さんも、黙り込んでしまいました。

無職は貴重な存在

そしたら、気の利く看護師さんが、この変な空気を変えてくれました。

『まあ、良かったですね。息子さんが、家にいてくれるんだったら、心配ないですね。今どき、貴重な息子さんですよ』だって。

生まれて初めて、貴重品扱いをしていただきました。

ちっとも、うれしくなかったですが・・・

その後、看護師さんの僕を見る目が変わったのは、言うまでもありません。

最後に

明日からは、お見舞いの毎日になりそうです。

僕の日課になりそうですね。

なんて言ったって、息子は無職だってことがバレてますから、毎日顔を出さないわけにはいきません。

ん~、よかったのか、悪かったのか、微妙な心境です。

まだまだ、日本では、アーリーリタイアが市民権を得るまでには、時間がかかりそうですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。