退職2年目の国民健康保険料。住民税に引き続き、計算まちがいしてました。

 

こんにちは。たかです。

昨日、国民健康保険料の納税通知書が来ました。

僕は、2019年3月末の会社を退職したんですが、会社都合での退職です。

なので、特定受給者扱いになり、役所に届け出をすることで、国民健康保険料が安くなります。

とはいえ、昨年は、約50万円ほど支払いました・・・

高いですよね。

ですが、これでも、安くなった方なんです。

まともに払うと、たぶん、90万円くらいにはなったんだじゃないですかね。

さて、今年はどうなったでしょうか?

今年の国民健康保険料は?

ちょっと、ドキドキしながら、封書を空けてみました。

僕の予想では、『約30万円くらいになるのかな・・・』なんて、思っていました。

そしたら・・・

通知書に書いてある金額は・・・

『165,700円!』

おっ!

予想よりは、13万円ほど安かったですね。

『あ~、よかった・・・』って感じです。

よーく中身を見てみると、『非自発的失業者』と記載してあります。

おそらく、今年も、減免されているんだと思います。

税金って高い・・・

今月に入ってから、住民税の納付書も届きました。

ちなみに、住民税は、78,200円でした。

実は、住民税も予想してた額より安かったんです。

どうも、計算間違いしていたみたい。

とはいえ、住民税と国民健康保険料を合わせると、243,900円になります。

約25万円ですよ・・・

無収入世帯から、こんなお金を取るなんて・・・

まあ、仕方ありません。

サラリーマンの方は、もっと、いろんな税金を払っているわけですからね。

文句を言ってはいけません。

来年はどうなる?

おそらく、今年の収入って、ほとんどありません。

年収20万円くらいかな・・・

ってことは、ほとんど税金はかからないでしょう。

国民健康保険も、数万円で済むのかな・・・

どうせ計算しても間違いそうですので、もう計算しません。

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法

新品価格
¥1,540から
(2020/6/18 11:30時点)

最後に

在職中にライフプランを作成しました。

その時には、『住民税』と『国民健康保険料』は計算しました。

とりあえず。

ですが、大幅に間違っていましたね・・・

こういった税金の計算は苦手です。

でも、大目に設定していたので、問題はありません。

怪我の功名ってやつですかね。

みなさんは、計算間違いしないようにしてくださいね。

国民健康保険料が13万円浮いたので、たまには、贅沢してみようかな・・・なんてことを考えています。

妻と二人で、お寿司でも行こうかな?

といっても、まわるタイプのお寿司屋さんですがね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。