国民健康保険の減免申請は簡単でした。任意継続の方が良かったのか?

 

こんにちは。たかです。

先ほど、国民健康保険の減免申請に行ってきました。

実は、会社を早期退職する際に、『任意継続保険』にするか、『国民健康保険』にするか迷っていました。

実際に、役所に行って、どちらが保険料が安くなるかを、教えてもらえば良かったんですが・・・

退職前で、そんな時間が無かったので、『エイヤ!』って感じで、国民健康保険を選択しました。

ホントは、どっちが良かったのかな・・・

それでは、国民健康保険料について、書いてみたいと思います。

国民健康保険料はここで調べられる

国民健康保険料は、以下の項目から算定されるようです。

①年齢

②前年の年収

③給与以外の所得(年金・事業所得・不動産所得など)

④資産(固定資産税)

僕の場合は、2019年4月から国民健康保険に加入していますので、前年の2018年1月1日~12月31日までの年収から算定されます。

国民健康保険の自動計算サイトっていうものがありますので、ザックリと計算は出来るようです。

ただし、保険料の支払いには、上限が設定されています。

ちなみに、僕の住んでいる地域では、年間95万円が上限になっていました。

地域によっては、安いところもあるみたいですよ。

国民健康保険料はいくら支払うのか?

先ほどの、自動計算サイトを活用してみました。

おそらく、僕の場合は、年間93万円くらいになると思います。

計算間違いしているかもですが・・・

それにしても、高いですね。

無職者が、こんなに払うのって、大打撃ですよね。

任意継続保険だったら、いくらになるのか?

任意継続保険とは、僕の場合であれば、今まで勤めていた会社の健康保険に加入することです。

加入年数は、2年間となっています。

任意継続保険にしたら、支払いはいくらになるのか、会社に問い合わせしました。

そしたら、サラリーマン時代に支払っていた金額の2.6倍くらいになるらしいのです。

おそらく、約5万円弱になると思われます。

そうなると、年間で約50万円くらいになるでしょう。

この金額を、2年間払うってことです。

合計、約100万円の出費です・・・

これまた、高いですよね。

国民健康保険の減免制度

国民健康保険料って、べらぼうに高いんですが、『減免制度』というものがあります。

僕が申請した減免制度の内容は、こんな感じです。

『雇用保険の「特定受給資格者」または「特定理由離職者」として失業等給付を受ける人は、前年の給与所得をその30/100とみなして保険料の算定する』っていうものです。

年収を、7割減で計算してくれるってことですね。

再度、年収を7割減で計算してみると、国民健康保険料の支払いが、年間で約45万円になりました。

ん~、これだったら、任意継続保険とあまり変わりませんかね・・・

ですが、減免期間は、失業した日から翌年度末までのようです。

要するに、2年間は減免してくれるってことみたいです。

退職2年目は所得が少ない

来年の国民健康保険料の支払いに関しては、今年の年収が算定基準になります。

今年とは、2019年1月1日~12月31日までのことです。

僕は、2019年3月31日で退職してます。

それ以降は、無収入ですので、2019年の年収は、ほとんどありません。

そうなると、来年の国民健康保険料の支払いは、おそらく、激減すると思います。

さらに、減免制度は、2年間ですので、『減免』をしてくれれば、さらに安くなるでしょう。

もし、僕の計算とおりであれば、2年間の支払いは、国民健康保険の方が、支払い額は少ないのかな?って、考えています。

国民健康保険の減免制度の申請方法

まずは、離職票が届いたら、ハローワークに行きました。

その後、『雇用保険説明会』に出席して、『雇用保険受給資格者証』をもらってきます。

この『雇用保険受給資格者証』の中に、『離職理由』が書いてあります。

この欄に、11,12,21,22,31,32の番号が書いてあれば、『特定受給資格者』となり、減免の対象になります。

僕の場合は、31番でした。

役所で言われたのは、『離職票では特定受給者かどうか判断できませんので、雇用保険受給資格者証を持ってきてください』と言われていました。

役所によっては、離職票でもOKなところもあるようですので、確認した方がいいですね。

ってことで、今回、『雇用保険受給資格者証』を持って、減免申請に行ってきたわけです。

減免申請は、とっても、簡単でした。

所定の書類に、必要事項を書き込むだけです。

マイナンバーカード、あるいは証明カード、それと印鑑があればOKです。

さて、国民健康保険料がいくらになるか?

6月に振り込み用紙が届くようですので、その時に判明します。

もし、年間で50万円より安ければ、国民健康保険で良かったってことになります。

この結果は、ブログの中で書いてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。