年齢と共に働き方が変わるのは当たり前だと思う

 

こんにちは。たかです。

昨日、妻が、こんなことを言いました。

『無理して働くことないよね。仕事に行くのがイヤだな、って思いながら生きたくないよね。』って。

ちょっと、ビックリしました。

今までは、『会社辞めても、仕事はしてね。』って感じでした。

『何が何でも、我慢して働け!』って事です。

ですが、180度方向転換です。

何があったのか?訊いてみました。

出来ない仕事をさせられる

僕の妻は、専門職の資格を持っています。

先日、新しいパート先に勤めることになって、研修を受けていたようです。

専門資格を使った仕事です。

その中で、『こんな事も出来ないんですか?』とか、『今まで、どうやって仕事してたんですか?』など、かなりプライドを傷つけられたみたいです。

そりゃ、イヤになりますよね。

僕は、『そんな職場はやめたほうが良い』と話しました。

どう考えても、チームワークなんてありそうにありません。

これだけではないんです。

やりたい仕事ではない

妻はパートですから、社員のように万能に働く必要はありません。

当然、その代わりに、お給料は高くありません。

妻は、自分の得意分野で、働きたかったわけです。

ところが、いざ仕事場に行っていると、いろんな仕事を要求される。

しかも、採用の時は、『こんな仕事をしてください。』など、何も聞かされていないんです。

これでは、納得できませんよね。

しかも、高度な仕事内容ばかり要求される・・・

経験がなければ、出来ないことばかりです。

ですが、妻も若くはありません。

今更頑張って経験したところで、出来るようになる仕事内容でも無さそうです。

そして、バカにされる・・・プライドがズタズタだったでしょう。

これで、仕事に行くことがイヤになったみたいです。

年齢と共に働き方は変わるんじゃないか

もし、妻が、20代だったら、頑張って仕事を覚えたんじゃないか?と思います。

ですが、ある程度の年齢になれば、自分の出来る範囲で仕事がしたい。

自分のやりたい仕事がしたい。

こんな風になるのが、普通かな?って思いました。

組織にいると、やりたくない事もやらされるし、逆にやりたいことをさせてもらえない。

だから、40歳を超えてくると、早期退職したくなったり、起業したくなったり、するんじゃないかなと感じました。

最後に

妻も、組織の中では、イヤなこともさせられる。

やりたいことは、させてもらえない。

こんな環境があることを、理解してもらえたと思います。

そして、妻から、こんな言葉を聞くことが出来ました。

『あなたの言ってた事が、よくわかった。』って。

僕の26年間のサラリーマン人生の悩みを、理解してくれたと思います。

そして、なぜ、僕が『早期退職』をしたいか?を分かってくれたと思います。

今日もまた、Kotaroさんのブログ(SOUTAI40)を読み返していました。

その中の『40歳になってもまだ「働きたい」と思うほうがおかしい 』は、参考になりました。

夫婦で、仕事に関する考え方が共有されることは、とっても大事だと感じた事件でありました。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。