老後に必要な金額より、支給してくれる年金額を約束してほしい。

 

こんにちは。たかです。

なんだか、国会でも、『老後2000万円不足問題』で大騒ぎになっているみたいですね。

この問題、自民党にとっては、かなりダメージになるんじゃないでしょうか?

40代・50代の投票率は、上がるかもしれませんね・・・

野党は、この年金問題を争点にして、戦うんじゃないでしょうか?

国は、『年金だけじゃ、老後は生きていけませんよ!』って言っちゃいましたから。

でも、今まで、だれも『年金だけで、老後は生活出来ます!』なんてことも言ってませんよね?

『年金100年安心』みたいなこと言ってましたけど、『年金だけで大丈夫!』とは言ってなかったと思うんですが・・・

2000万円足りないかどうかは人それぞれ

『老後は、2000万円足りませんよ!』って言っている背景は、モデルケースから計算されたものです。

そのモデルケースは、こんな感じです。

1か月の生活費は26万円で、年金は21万円。

なので、その差額の5万円を、毎月貯金から切りく崩さないといけない。

年間にすれば、60万円になります。

この状態が30年間続けば、1800万円を貯金から切り崩すわけです。

ってことで、『年金だけでは、生きていくのに、約2000万円足りませんよ!』って、金融庁が発信したわけです。

でも、これって、人それぞれですよね。

月に26万円も生活費がかからない人もいますし、月の年金が21万円以上もらう人もいるでしょう。

ですから、『たかさん、2000万円足りませんよ!』って言われても、『ホントに?』ってなってしまいます。

それよりも、僕が知りたいのは、これです!

何歳からいくらもらえるのか?

いま、国民が不安に思っているのは、『年金は、いくらもらえるのか?』『年金は、いつからもらえるのか?』ってことです。

もし、国が『たかさんは、70歳から、年金定期便の記載額の50%を受給できます』って約束してくれたら、ライフプランを作ることが出来ます。

なぜ、いまライフプランを作るのが難しいかと言うと、『年金額が不安定』なんです。

年金が0円でも、生きていける人はいいんですが、僕みたいなポンコツサラリーマンは、年金なしでは生きていけません。

今は、『65歳から年金支給しますよ!』って言っていますが、いろんな動きを見ていると、70歳まで引き下げられそうですし・・・

なんか、計画立てにくいんですよね。

ですから、大まかでもいいので、『いつからもらえるのか?』『いくらもらえるのか?』を、約束してほしいんですね。

その上で、『自分は、いくら足りのか?』『自分は、いくら貯めないといけないのか?』を考えた方がいいと思います。

今のままでは、ただ単に、国民の不安を煽っているだけです。

喜んでいるのは、証券会社・銀行くらいのもんじゃないでしょうか?

最後に

麻生さんも、金融庁の報告書くらいは、読んでほしいですね。

おそらく、年金支給が気になっている人は、みんな読んでいると思います。

麻生さんが読んでないってことは、年金に対して、本気で考えてないってことですね・・・

ホントに、残念です。

このままいけば、年金は、破綻するんでしょうか?

僕にはよく分かりませんが、若い生産人口が増えない限り、年金納付額は減ることになるでしょう。

そうなれば、年金支給額も減るってことですよね。

ってことは、生産人口を増やせばいいわけですから、外国から人を受け入れることも検討しないといけないんじゃないでしょうか?

突然、日本人の若者が、湧いてくるわけありませんからね・・・

ん~、どうしたらいいんでしょうかね?

まあ、僕がこれからできることは、『少ない年金の範囲内で、生活できるようになること』くらいでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。