新しいお札ができるとタンス預金が減るらしい。いくらタンス預金があるの?

 

こんにちは。たかです。

今度、新しいお札が出来るみたいですね。

1万円札になるのは、『渋沢栄一さん』らしいですが、僕はまったく知りません。

お金に好かれるためには、渋沢栄一さんのことくらい、勉強しないといけませんね。

ですが、発行されるのは、2024年くらいみたいです。

まだ、5年も先の話しですね。

ところで、前回の新紙幣の発行は、2004年だったそうです。

そして、発行の発表をしたのが、2002年。

発行の2年前に発表しています。

それに比べると、今回は、かなり早めに、新紙幣発行の発表をしたみたいです。

なぜ?

経済効果をねらったのか?

新紙幣を発行するとなれば、新しく印刷しないといけませんよね。

単純な僕のポンコツ頭脳でも、理解できます。

あるいは、ATMや自動販売機も改修しないといけませんよね。

いろいろ、大変そうです。

ですが、この類の改修で、1兆2600億円もお金が動くんだそうです。

凄いですよね・・・経済効果ありです。

さらに、驚いたのが、『タンス預金』です。

新しい!お金の増やし方の教科書 銀行も証券会社もFPも教えてくれない [ 篠田 尚子 ]

価格:1,512円
(2019/4/14 17:30時点)

50兆円あるらしい

日本全体で、タンスに眠っているお金って、50兆円あるらしいですよ。

凄い額です。

日本全体のお金の約半分が、タンス預金なんだそうです。(ほんとかな?)

なんか、もったいないですね。

株とかに投資すれば、もっと、お金が循環するんですがね・・・

ところがです。

前回、新紙幣の発行を発表したところ、タンス預金の3%くらいが、市場に出てきたそうです。

その理由が、おもしろかったです。

なぜ、タンスから出てきたか?

それはですね、『つかえなくなるから・・・』です。

おじいちゃん、おばあちゃんの発想でしょうか?

ん~、そう、考えるかもしれませんね。

ですが、たった3%出てきただけでも、1兆5000億円になります。

これだけでも、お金の循環としては、大きいですよね。

いくらタンス預金してるの?

これは、あるテレビ番組で見かけたのものです。

街角の40代~70代の人に、聞き取りをしていました。

『今、タンス預金って、いくらありますか?』って。

そしたら、答える人が多いんですね・・・ビックリです。

あんなに、アポ電強盗のニュースやっているのに・・・

て、いくらくらい、タンスにあると思いますか?

なんと、ほとんどの人が、『100万円以上』です。

一番多い人は、『500万円ある』って言ってました。

何かあった時に、手元にお金が無いと不安だから、家に隠し持っているんだそうです。

ん~、僕には理解しがたいです。

最後に

お金がある家には、あるもんですね。

僕だったら、家に500万円もあったら、毎日確認しないと不安ですね。

どちらかといえば、家にお金を置いてる方が、不安になってしまいます。

日本のお金が、もっと、循環するようになれば、老後の不安なんかも少なくなると思います。

上手に、お金は使っていきたいですね。

これから先、やりたいことには、積極的にお金を使っていきたいです。

それで、明るく・楽しく・やさしく・感謝して生きることが出来れば、お金も喜んでくれるでしょう!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。