新しく来る上司のうわさは意外と当たっている事が多い。

 

こんにちは。たかです。

今日は、ハローワークの認定日でしたので、行ってまいりました。

サラリーマンで言えば、『お給料日』みたいなものですからね。

這ってても行かなければいけません。

今日も又、地下鉄の中で、サラリーマンの方のお話を聞いてしまいました・・・

聞こうと思ったわけじゃありませんよ。

隣に座ってきたサラリーマンの方が、大きな声で話していたから、聞こえてしまっただけす。(言い訳しなくてもいいんだが・・・)

さて、どんな内容だったでしょうか?

転勤の季節なんだな

10月に人事異動がある会社ってありますよね。

僕が勤めていた会社も、10月に移動がありました。

メインは4月なんですが、10月に少しだけ行われていました。

会話から想像するに、今日、出会った(?)サラリーマンの方の上司が、10月に移動してくるようでした。

ですが・・・

あまり、うわさがよろしくない様子。

40歳くらいのサラリーマンの方は、こう言っていました。

『今度の所長って、前の営業所でパワハラしてたらしいよ』だって。

僕は、その言葉を聞いただけで、『可哀そうに・・・』って思ってしまいました。

そしたら、もう一人のサラリーマンの方が、こう返していました。

『えっ?そうなんですか?セクハラだって聞いたんですが・・・』って。

今度来る上司って、とんでもないヤツみたいですね。

噂って、当たっていることが多い

僕の26年間のサラリーマン経験からすると、赴任してくる前の評判って、意外と当たっています。

パワハラやっていたとか、セクハラで訴えられたとか、平社員には事実は分かりません。

噂でしかありません。

でも、実際に一緒に仕事をしてみると、『あ~、やっぱり、こいつパワハラしてたんだな!』って分かりますよね。

僕は、なんどか、そういう経験をしています。

赴任してきた当初はおとなしいんですが、2・3か月たつと本性が現れてきます。

ですので、それまでは、よーく上司のことを見ておかないといけません。

『今度の上司は、物分かりがいい!』なんて思い込んではいけません。

もし、本性を隠しているパワハラ上司だったら大変です。

うっかり信用して、上司に意見などしようものなら、その後は地獄を見ますからね・・・

3か月は死んだふり

僕は、新しい上司が来たら、3か月は付かず離れずの距離を保っていました。

周りの社員からの情報を得て、それから、上司と接していく。

そうすれば、上手な接し方をすることが出来ますからね。

ただし、そうもいかない人っていますよね。

たとえば、上司のすぐ下の階級の人。

いわば、上司の右腕にならないといけないような人は、赴任直後から、接することが多くなるでしょう。

そういう方は、手探りで上司と接しないといけません。

ここでしくじると、その後の仕事がやりにくくなりますから。

やはり、サラリーマンとは、大変なお仕事です。

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本 [ 心屋仁之助 ]

価格:1,512円
(2019/9/10 12:41時点)

最後に

上司との人間関係なんて、仕事上、どうでもいい話ですよね。ホントは。

でも、サラリーマンにとっては、何よりも大事なことになります。

上司と馬が合わなければ、最悪、うつ状態になる人も出てきますからね。

サラリーマンの方、十分に気を付けてください。

仕事を辞めてしまった今、こんなことに巻き込まれなくなったので、ホッとしています。

どうでもいいことに、時間を気をつかうのは、もう御免です。

今日は、ハローワークでお仕事(?)をしてきましたので、これから、お昼寝タイムにしたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。