新入社員が辞めてしまう職場には共通点があるらしい。管理職は必見。

 

こんにちは。たかです。

僕も、サラリーマン時代には、新入社員が、すぐに辞めてしまうというシーンをよく見ました。

僕が退職した時にも、入社3年目の社員が、一緒に辞めていきました。

その彼に、会社を辞める理由を訊ねましたが、『ん~、なるほど・・・』って思いました。

その理由が、こんな記事の中に、書いてあったんです。

管理職の方は、よく、知っておいた方がいい内容です。

その記事のタイトルは、『10連休後に新入社員が辞めてしまう職場、10の共通点』です。

若手が辞める職場とはどんなところなのか・・・

この記事には、10の項目が上げられています。

すべてが当てはまるわけじゃないと思いますが、参考になると感じました。

では、どんな職場なのか?

①『そもそも職種として離職率が高い職場』

②『一緒に過ごしたくない人がいる職場』

③『新人に過剰な幻想を抱く職場』

④『進化の気配のない職場』

⑤『未来が感じられない職場』

⑥『挨拶のない職場』

⑦『やけにオープンな先輩のいる職場』

⑧『ルールがわかりづらい職場』

⑨『働く意味がわかりにくい職場』

⑩『自分自身に関心が払われない職場』

以上の10項目です。

僕と一緒に辞めてしまった彼は、④・⑧・⑨に当てはまっていました。

未来が感じられない職場

僕の勤めていた会社は、ルールが非常に細かく設定されていました。

その為、何か新しいことをやろうとしても、そのルールに抵触するので、前に進んでいかないんです。

ですが、会社は、『ひとりひとりの変革を求める!』なんて、カッコいい事言うわけです。

もう、どうしたら良いのか分からなくなりますよね・・・

特に、新入社員にとっては。

こんな、がんじがらめでは、未来に希望が持てません。

ルールがわかりづらい職場

先ほどと関連しますが、ルールが多いと、知らないルールも存在するわけです。

仕事を進めるうちに、知らないルールに抵触してしまい、罰を受ける。

もう、モチベーションなんか、保てません。

罰を受けるくらいなら、今まで通りの仕事を、黙々とこなした方がいいわけです。

そんな職場は、若い人にとっては、おもしろくも何ともありませんよね。

辞めて当然だと思います。。

働く意味がわかりにくい職場

これも関連しますが、ルールの中には、お客さんに不利益なものも、存在します。

そうすると、『何のために仕事をしているのか?』って、疑問が湧いてくるんですよね。

年を取ってくれば、『お金のため』とか『生活のため』とか、割り切ることが出来るんですが、若い人には、そんなことは無理です。

いや、そんなことでは、いけないと思います。

『だったら、別の職場に行こうかな?』って、なっても不思議ではありません。

【中古】 できる新入社員になる! 「あいつになら任せられる」と言わせる84の心得 Life & business series/寺松輝彦(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2019/4/30 10:37時点)

解決策はあるのか?

大事なことは、『どうやって、そうならないようにするか?』だと思います。

新入社員の意見を取り入れ、ひとつずつ、改善するしかないでしょうね。

『ガマンしろ!』とか、『そんなの当たり前だ!』とか、言っている職場は、衰退するしかないでしょう。

最後に

すべてが良い会社や職場なんて、少ないと思います。

ですが、少しでも、働きやすい環境をつくってあげられたらいいんですがね。

早期退職のブログにはそぐわない記事を書きました・・・

今日も、明るく・楽しく・やさしく・感謝して、生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。