転職先が決まりました。ワクワクしてます。若者の目は輝いていました。

 

こんにちは。たかです。

昨日、この3月に退職する若者と、話をすることが出来ました。

彼は、まだ、入社3年目くらいです。

社内では、『彼は、優秀だ』という評判を聞いたことがあります。

その彼が、どうして会社をやめるのか?

気になったので、訳を聞いてみました。

今の会社はおもしろくない

彼は、仕事に対して、非常にまじめで、どちらかと言えば、楽しくやっているんだろうと、思っていました。

ですが、そうじゃなかったんですね。

彼曰く、『会社のやっていることに、意味を感じません。』って。

さらに、『訳のわからないルールばかりで、ちっともおもしろくない』とも、言っていました。

これは、僕も、同じ意見です。

彼の凄いところは、入社してすぐから、転職活動をしていたようです。

見切りが早いですね・・・

僕なんか、26年もかかったんですがね。

でも、なんで、2年も今の会社で働いていたのか?

すぐに、辞めて転職すればよかったのに。

実は、訳があるんです。


専門学校で勉強していた

彼は、転職活動をする傍ら、専門学校に通っていたんだそうです。

転職先で必要なスキルを身に着けるために。

十分なスキルかどうかは、分かりませんが、先を見据えて、準備していたんですね。

凄いです。

そして、今回、あっさり、転職先が決まったんだそうです。

年収も、今の会社より、良くなると言っていました。

今の心境はどんなもんか?

僕は、転職なんかしたことないので、心境がわかりません。

どちらかといえば、『次の会社では、通用するのかな?』って、感じるタイプです。

ですが、彼は、僕とは違っていました。

『今は、ワクワクしています』って。

さらに、『やりたいことをするって、やっぱり、うれしいです。せっかく生きているのに、つまらない時間は送りたくないですから・・・』って。

ん~、若干、25歳くらいで、この心境になるとは、すごい若者だと感じました。

親に反対はされなかったか?

家族の反応も気になりましたので、聞いてみました。

そしたら、『親は、まったく反対しませんでした。好きなように生きたほうがいい』って、背中を押してくれたんだそうです。

なかなか、出来るもんじゃないですよね。

『この親にして、この子あり』って感じです。

最後に

彼は、転職するだけではありませんでした。

次は、『起業することを考えている』って、言っていました。

しかも、既に、その準備を進めているようです。

僕みたいなポンコツサラリーマンとは、まったく、次元が違っていました。

なんか、『早期退職して、魚釣りでもしようかな!』なんて、考えている自分が、情けなく感じましたね。

まあ、僕には、その程度が、お似合いなんですけど。

我が家にも、2人の子供がおります。

もし、転職や起業なんかの相談に来たら、背中を押してあげたいと思います。

やっぱり、人間って、『明るく・楽しく・優しく・感謝して生きる事』が、大切なんだと思いました。

僕も、『ワクワク』する毎日を送ってみたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。